ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

【WORLD】試合数増加 米国女子ツアーの“復興”は?

2012/01/28 06:00

Golf World(2012年1月16日号)GW bunker texted by Ron Sirak

今季は試合数増に成功した米国女子ツアー。 今季は試合数増に成功した米国女子ツアー。来季以降はLPGAのコミッショナー、マイク・ワン氏(右)の思惑通り、と行くだろうか。(Getty Images/Ross Kinnaird)

昨年はじめ、LPGAのコミッショナーのマイク・ワンは、ツアーのビジネス形態が機能するためには、年間30大会の実施が必要と主張した。2013年にはこの計画を実行すると発表したが、昨年23大会の実施にとどまった時点では、それも夢物語にしか過ぎないと言われていた。

だが、今年1月10日、ワンは2012年の大会スケジュールを発表すると共に、今年は27大会を実施するとした。新たに追加された大会は「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」、「LPGAロッテ選手権」(ハワイでの開催復活)、「マニュライフ・ファイナンシャルLPGAクラシック」(オンタリオのウォータールー)。そして昨年は開催が見送られた「ジェイミー・ファー・トレド・クラシック」が復活することとなった。

「キングスミル選手権」も、選手達から開催復活の希望が出ていたバージニア州のキングスミルリゾートで開催されることも発表。一方、ここ35年間継続開催されていた「ステートファーム・クラシック」は、今年は開催されない。

「昨年末はアイアンショットこそ上手くいっても、パットが入らないというような状況でした」と、ワンは難航した交渉を表現。「それが今はパットの調子も上がっている状態ですよ」と続けた。

今季は2月9日~12日に開催される「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」からシーズンが開幕し、11月15~18日を予定している「CMEグループ・タイトルホルダーズ」が最終戦となる。昨年は2度も3週連続大会開催なしという日程だったが、今年は3週以上間隔が空くことはない。

昨年は米国内で行われたのは13大会だったが、今年は15大会。ワンは、2013年に年間30大会開催が現実的かと問われると、「もちろん可能です。もし実現出来なければ、私が仕事をしなかったとみなされるでしょう」と断言した。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~