ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

難セッティング攻略の陰に練習用パターの存在も 西村優菜の優勝ギア

2021/05/11 10:05


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(9日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

2000年生まれの「ミレニアム世代」でメジャー制覇一番乗りを果たし、ツアー通算2勝目を挙げた西村優菜。メジャー相応の仕上がりを見せたグリーンは、最終日にスティンプ(速さ)14フィート、コンパクション(硬さ)24.5を記録。そんななか、パット数は「26」。4日間通しても「26.75」と堂々の全体1位だった。

<< 下に続く >>

使用したパターはオデッセイの WHITE HOT OG#7S。キャロウェイのパター担当者によると、4月の「フジサンケイレディスクラシック」の前に替えた。ヘッドを返しやすいショートネックとなっており、「スライスラインの時につかまらずに抜けてしまう」という悩みに応えての変更だったという。

もともと「嫌いじゃない」というパターだったが、悩んだ時期はあったようだ。、昨年10月に都内の同社でパターのフィッティングをしたという。それを機に「『こういう傾向だね』というのが分かるようになった」と同担当者。調整を図って11月の「樋口久子 三菱電機レディス」でツアー初優勝を挙げた(当時のパターはオデッセイ オー・ワークス パター #1)。

また、同時期に「大事なパットも打ち急ぐと芯に当たらなくなる。テンポを身につける」(同担当者)ため、練習器具用としてシャフトの柔らかいパターを渡し、西村はこれで毎朝磨きをかけていたこともあり、高速グリーンにも対応できたという。

身長150㎝と小柄で「セカンドの距離に160~170yd残してしまうのが多い」という西村のクラブセッティングはウェッジ2本、フェアウェイウッドは4本の体制。飛距離の出る選手とのハンデは、3番、5番ウッドの硬さをSRにする一方で7番、9番ウッドは硬さをRにするなど、クラブそれぞれに細かな微調整をしたうえで、スイングの正確性でカバーしていた。

ドライバー:キャロウェイ エピック SPEED プロトタイプ(9度)
シャフト:藤倉コンポジット スピーダー エボリューション 3(硬さSR、45インチ)
フェアウェイウッド:キャロウェイ エピック SPEED(3番15度、5番18度)、キャロウェイ グレート ビッグバーサ(7番21度、9番24度)
ユーティリティ:キャロウェイ GBB エピック スター(6番26度)
アイアン:キャロウェイ X フォージド(6番~PW)
ウェッジ:キャロウェイ JAWS(50度、58度)
パター:オデッセイ WHITE HOT OG#7S
ボール:キャロウェイ クロムソフト X トリプルトラック

おすすめ記事通知を受け取る
オデッセイ
発売日:2020/11/06 参考価格: 30,800円

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!