ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

変幻自在の1Wショット 小平智の優勝セッティング

2017/11/13 12:00

多くのプロが技術を認める小平の1Wショット。今季2勝目は苦悩の末につかんだ

大会名:三井住友VISA太平洋マスターズ
日時:2017年11月9日(木)~12日(日)
開催コース:太平洋クラブ御殿場コース(静岡)
優勝者:小平智

小平智が今季2勝目をマークして賞金ランキングトップに再浮上した。最終日に首位に3打差の3位タイからスタートし「65」で逆転。2位の宮里優作に3打差をつけてみせた。

シーズン初勝利を挙げた10月初旬の「トップ杯東海クラシック」以降、上位での戦いを続けていた小平だが、この数週間は試行錯誤の連続だった。その2週後の「日本オープン」で1Wのヘッドが割れ(フェースにわずかな傷が入っただけだが)、新しい1W探しに労を費やした。2週前の「マイナビABCチャンピオンシップ」のプロアマ戦で、納得したのは破損したモデルと同じプロギア RS ドライバー Fだったが、同じモデルでも個体差が出るため、実戦使用の決断に至るまでにテストした数は約20種に及んだ。

小平の1Wショットの技術は他のプロからもかねて定評があり、「飛んで曲がらない」だけでなく、ボールを左右、上下と自在に操る器用さも“ウリ”。プロギアの担当者は「一流のツアープロでも、ドライバーの打点は(調子によって)フェース面で2cmほどずれることがあるが、小平選手の場合はそれが1cmに満たない」という。そんな再現性の高いスイングを持つからこそ、クラブづくりはより精密なものになる。今回はヘッド内部で重心ポイントを0.5㎜ずつ動かすなどして、多くのプロトタイプモデルを作り、その都度トライ&エラーを繰り返した。ツアー通算6勝目は、クラフトマンの努力も報われた1勝だった。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:プロギア RS ドライバー F(10.5度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD クアトロテック(硬さX 長さ44.5インチ)
フェアウェイウッド:テーラーメイド M2 フェアウェイウッド(3番15度)、プロギア iD nabla Tour(5番18度)
ユーティリティ:プロギア iD nabla RS TOUR iU(3番21度)
アイアン:プロギア TUNE 01CB フォージド アイアン(4-PW)
ウェッジ:プロギア iD nabla RS ツアーウェッジ(52度)、フォーティーン RM22 ウェッジ(60度)
パター:スコッティキャメロン ニューポート2 プロトタイプ
ボール:タイトリスト プロV1xボール


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~