ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼のスウィング、後方から見てみれば?

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年12月4日号)より

男女のトーナメントを実際に観戦に出かけ、その興奮を体験するゴルファーも多いことだろう。プロの豪快なスウィングやアプローチのテクニックを間近で見ることは、アマチュアにも大いに参考になることは言うまでもないことだが、大切なのはその“見かた”。プロの体の正面からばかり見ずに、色々な角度から見るのも、様々な発見があるものだ。

「週刊ゴルフダイジェスト」12月4日号の巻頭ページでは、日本男子ツアーのトッププロたちのスウィングを、飛球線後方から見た連続写真を組み合わせて一挙紹介している。石川遼藤田寛之谷口徹藤本佳則ブレンダン・ジョーンズベ・サンムンなど、今季ツアーを盛り上げた面々のスウィングがズラリと並ぶ。

おわかりとは思うが、プロは完全なストレートボールだけで攻めているわけではない。右に打ち出して左に曲がるドローボール、逆に左から右に曲がるフェードボールと、どちらかを使いながらボールをコントロールしている。その球筋に対するスウィングを学ぶことができるのが、飛球線後方からスウィングを見る、ということだ。

解説を担当するタケ小山プロによると、ドローとフェードのスウィングを見極めるポイントは「ヘッドの軌道と腰のキレ」だという。たとえば石川遼。彼はドローとフェードを使い分けるが、取材ホールではストレートに近いフェードを打っていた。アドレスで若干右肩をスクェアのラインから前に出してややアウトサイドにクラブを上げ、ダウンからインパクトにかけて思いきり腰を切ってクラブをインサイドに振り抜く。その様子が、飛球線後方から見るとよくわかる、というわけだ。

一方、ドローヒッターは、オンプレーンからややインサイドでクラブを動かし、インパクトで大きく腰を開かずに振り抜く動きで飛距離を稼ぐ。他にもスタンスの向きやクラブを振り抜く方向や高さなど、打ちたい球筋によるスウィングの特徴があることを、教えている。

かくも色々なことがわかる飛球線後方からのスウィング観察。最近はテレビ中継でも、このアングルからの映像をスローで見せたりすることがある。そのスウィングエッセンスを学びながら、プロがどのような技術と球筋で難コースを攻めるのかを見てみるのも、観戦の醍醐味と言えるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。