ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之は「日本一やさしい球さばき」

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年11月20日号)より

日本の男子ツアーもあと4戦。賞金額が高いビッグトーナメントが続くだけに、賞金王争いはますます激化することが予想される。目下トップを走るのは、藤田寛之。今季ここまで3勝を挙げただけでなく、予選落ちは少なく、上位で戦うことが多い安定ぶりが、現在の成績につながっている。

ツアープロの中では小柄なだけに、圧倒的な飛距離でアドバンテージを得ることは難しく、アイアンの精度、さらには正確性の高いアプローチとパットでしぶとくパーを拾いながら粘っていくスタイル。部門別データのパーキープ率87.48%という数字が、それを物語っている。これが支えとなっているから、ショットと小技が噛み合ったときの藤田はバーディを量産できるのだ。

しかし、藤田のアプローチは実にシンプルだ。「週刊ゴルフダイジェスト」11月20日号の巻頭ページで、藤田の師匠である芹澤信雄が語っている。

「藤田の考え方はとてもシンプル。ボールを必要以上に高く上げず、低めに打ち出してピンの手前から転がしていくのが、彼のアプローチの基本です」

プロだから様々な技術は持っている。しかし、もっともミスの危険が少なく、やさしく寄せられる方法を実践していることが、確実なパーキープにつながっているわけだ。

さらに芹澤は、「難しいライでも、リズムがいつも変わらないのが強み」だと解説している。シンプルでリピータブルなスタイルを貫いているからこそ、勝負の場面でも冷静に狙っていける。結果「しっかり寄せてパー」を上回るチップインバーディなどにもつながっているのだろう。

ツアープレーヤーに転向して約20年、43歳の円熟した“技”を持った男が、いよいよ日本ツアーの頂点へ。視界は良好だ。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。