ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

宮里藍イチオシ練習 「ポテトチップくわえドリル」とは?

2012/12/18 16:34


「週刊ゴルフダイジェスト」(2013年1月1日号)より

キッカケは、先日行われたジュニアレッスン会。招かれたのが宮里藍というビッグネームだったことも参加ジュニアにとって幸せなことだが、その内容がさらにビッグサプライズだった。様々な練習法を紹介する中で、「ポテトチップスをくわえて割らないように打つといいですよ」と実演して見せたのだという。

何やらアゴをリラックスさせることで力みがとれるのだとか。実際のところはどうなのか? 身体の構造にも詳しく、無理せず振れる「脱力ゴルフ」をすすめる高野逸夫プロに聞いてみた。

「これはなかなかの名案。僕もやってみたら飛距離が伸びました」と高野逸夫プロは、この「ポテトチップス」ドリルを高評価した。

「まず、ポテチをくわえることで、アゴの筋肉が弛緩し、それに伴って首や肩の緊張が取れます。つまり、安定したスウィングの大敵である、上体の力みが取れるのです。

この力みは、アドレスの入り方など、普段の動作の中でクセづいていると、自分では気づきにくいものです。それが、ポテチをくわえて割らないように意識することで、本当に脱力した状態で振ることになり、普段のスウィングとのギャップから、改めて今まで力んでいたことに気づくことができると思いますよ」(高野)

そういえば、かつてのG・ノーマンやL・ウェストウッド、T・ウッズら世界のトップ選手の「舌出しスウィング」が話題になっていた。歯を食いしばってしまえば、舌を噛み切ることになってしまうから(実際にはまずないだろうが)、同じく適度な脱力の効果が望めるわけだ。

ポテチのくわえ方をはじめ練習する際のポイントはいくつかあるとのことだが、簡単に取り組めるのでぜひ一度、試してみてはいかがだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。