ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

トップ5見えた!アジア勢初快挙の松山英樹、世界ランク6位に

30日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、「WGC HSBCチャンピオンズ」でアジア人として世界ゴルフ選手権シリーズ(WGC)を初制覇した松山英樹は、前週の10位から4つ順位を上げて6位となり、自己最高を更新した。

世界のトッププレーヤーが集うWGC優勝で70.00ポイントを加算して平均ポイントを6.7734とし、マスターズ歴代覇者のアダム・スコット(オーストラリア)、バッバ・ワトソンら4人を抜き去った。5位はジョーダン・スピースで平均ポイントは8.6849。

<< 下に続く >>

日本勢のこれまでの世界ランク最高位は、中嶋常幸の4位(1987年)。次いで尾崎将司の5位(96年、97年)。松山は、青木功の8位(87年)を上回った。

松山は2013年のプロ転向後、世界ランクの順位を着実に上げてきた。プロ2戦目の日本ツアー「つるやオープン」(13年4月)で優勝し、159位から108位に上昇。翌週の「中日クラウンズ」で2位に入り、世界ランクは90位となった。その後、100位割れはない。

主戦場を米国に移した14年、「ザ・メモリアルトーナメント」で米ツアー初優勝を飾り、24位から13位にランクアップ。同年11月の日本ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」で優勝して以降は、10位台を維持し続けた。

2週前の「日本オープン」で国内メジャー初制覇、1週前の米ツアー「CIMBクラシック」で2位に入り、日本勢として18年ぶり4人目のトップ10となっていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!