GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ王者の1Wシャフト 後継モデルを発見

2017/11/23 07:45

男子ツアー会場でテストされているクロカゲXTの後継モデル。市場に出回る予定のコスメとは異なるものだ

◇国内男子◇カシオワールドオープン 事前情報(22日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

三菱ケミカルが展開するシャフト、クロカゲ(KUROKAGE)シリーズの新製品がツアー会場でお目見えした。正式名称は「まだ明かせない」(同社担当者)というモデルは、三菱ケミカル クロカゲXTをベースにした後継機種。セルヒオ・ガルシア(スペイン)が4月の「マスターズ」でメジャー初制覇を遂げた際、1Wに装着していたシャフトの進化版だ。

2015年2月に発売された前作のXT同様、ニューモデルのターゲットも、ツアープロやアマチュア上級者。担当者によれば、チップ側に搭載されたチタンニッケル素材の「デュアルコア」を一層から二層に増やしたことで、「チタンニッケルの『しなって、戻りが速い』という特性がより出るようになった」という。手元調子は同じまま、チップ側の剛性が強くなり、“当たり負け”しないシャフトに仕上がった。

複数の男子プロがすでに試打を開始し、これまでもクロカゲ・ユーザーだった大堀裕次郎は「カシオワールドオープン」の会場でラウンドテスト。「飛距離が5yd、10ydくらい伸びている感じがありました。結構つかまりも良いので、重量調整したら使えそうです」と好感触を得ていた。(高知県芸西村/桂川洋一)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~