ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

森田、今季11個目のイーグル! 自身が持つツアー記録を更新

宮崎県の宮崎カントリークラブで開催されている、国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2日目。大会ホステスプロの森田理香子が、後半11番のパー5で魅せた。

ティショットをフェアウェイに運び、残り238ヤードの2打目で手に取ったのは3番ウッド。2オンを狙った2打目はグリーン左に外れるが、サンドウエッジで打った15ヤードのアプローチはピンに強めに当たり、そのままカップイン。先週の「大王製紙エリエールレディス」で今季10個目のイーグルを奪い、シーズン最多イーグル数を16年ぶりに更新した自らの記録を、さらに「11」に伸ばした。

前半アウトは「ショットがぜんぜんグリーンに乗らなかった」と、1番、5番ともにパーオンを逃してのボギー先行。「少し修正できて、後半は気持ち良く振れるようになった」と、直後の12番のバーディへと流れを繋げた。前半「37」に対して後半「34」とバックナインで盛り返し、通算1オーバーの21位タイへジワリ浮上。「オーバーを打たなくて良かった」と、安堵の笑顔を浮かべた。

今や、森田の“代名詞”となりつつあるイーグル。「他に距離が出る人がたくさんいる中で、私しか(代名詞と)言われていない、という気持ちはある。こうゆうふうに言われることは嬉しいです」と素直な気持ちを口にする一方、「イーグルもいいけど、もっとスコアを良くしていかないと・・・」と憂いの表情も。残るは36ホール、「また獲れるように頑張りたい」というイーグルを、今度こそ上位浮上に繋げてみせる。(宮崎県宮崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。