ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

杉原輝雄の世界記録が途切れる。遼も「ショック」

永久シード権保持者で現在73歳の杉原輝雄が、4月28日(木)~5月1日(日)に名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで行われる国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」を欠場することになった。杉原は同大会に1960年の第1回大会から昨年まで51年連続で出場し、世界6大ツアーの同一大会連続出場記録を樹立したが、体調不良のため出場を断念した。

1997年に前立腺癌と診断された杉原は、近年治療を続けながらツアーに参戦。昨年の「中日―」で、アーノルド・パーマーが「マスターズ」で記録していた50回連続出場記録を塗り替えていた。しかし、エントリー期限となる今週18日(月)までにJGTO(日本ゴルフツアー機構)に「欠席」と返答。現在のところ復帰の見通しは不透明だという。

杉原は21日(木)~24日(日)に行われる国内ツアー第2戦「つるやオープンゴルフトーナメント」にも1994年から出場していたが、今週、会場の山の原ゴルフクラブにその姿はない。石川遼も「僕の中ではすごくショックを受けました。今までも癌と闘いながら大会に出続けられていた根性というか、プロ魂にびっくりしていた。今回の病気は今までよりも辛いのかなと感じましたし、心配しています」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!