ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2024年 全米オープン
期間:06/13〜06/16 場所:パインハーストリゾート&CC パインハースト No.2(ノースカロライナ州)

アダム・スコットが「全米オープン」でタイトリスト新ドライバーを投入

◇メジャー第3戦◇全米オープン◇パインハーストリゾート&CC パインハースト No.2(ノースカロライナ州)◇7548ヤード(パー70)

ここ数年、用具契約フリーのアダム・スコット(オーストラリア)はテスターとして能力の高さを証明してきた。スコットが週ごとに異なるパター、ウェッジ、アイアン、フェアウェイウッド、ミニドライバー、ドライバー、果てはゴルフボールまでテストする姿が目撃されてきた。ブランドに関係なく、何が自分にとってベストなのかを追求しているのだ。

<< 下に続く >>

例えば、2024年のスタート時点はピン「ブループリントSアイアン」を使用していたが、数カ月後に「スリクソンZX7 Mk II」に替え、3週前の「チャールズシュワブチャレンジ」では、三浦技研「KM-700アイアン」を使用している。

ドライバーに関しては、キャロウェイ「パラダイムAiスモーク◆◆◆」とテーラーメイド「Qi10」を交互に使用する形で1年のスタートを切り、その後に大半はテーラーメイドのセットアップに落ち着いた。どうやら自分に合うものを見つけたようで、2週前の「RBCカナディアンオープン」まで藤倉コンポジット「ベンタスTRブルー」6Xシャフトを装着したテーラーメイドのドライバーを使用していた。

しかし、今週開催の「全米オープン」で新しいドライバーが割り込んできた。タイトリスの新「GT2」モデルである。これは前週の「メモリアルトーナメント」でPGAツアーの選手にお披露目されたモデルで、一般向けにはまだリリースされていない。

熱心なテスターのスコットが、すべての新作ドライバーをテストしているのは言うまでもない。テスティングでは、GT2ヘッドでボール初速が時速2マイルアップしたそうだ。GolfWRX.comは全米開幕前日の水曜午後に、本番でGT2を投入する構えであることを本人から確認した。

スコット以外にもGTモデルへ乗り換える選手は大勢いて、その中にパトリック・カントレーウィンダム・クラークウィル・ザラトリス、そして注目のアマチュアであるゴードン・サージェントらが含まれる。

ちなみにスコットは現在、藤倉コンポジット「ベンタスブルー」6TXシャフトが装着され、シュアフィットホーゼルがB2(標準ロフトで0.75度アップライト)にセットされたロフト角10度のヘッドを使用している。

PGAツアーの選手の多くはGTモデルについて、ボール初速が上がり、スピン量の一貫性がよりタイトになり、安定性が向上したほか、フェースの打音がよりミュートされたようになったと指摘している。スコットのギアへの究極の探求心は、「全米オープン」でタイトリストの新作ドライバーに行き着いたようだ。

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2024年 全米オープン

  • 2024/06/13~2024/06/16
  • 優勝:B.デシャンボー
  • 賞金総額:2,150万ドル
  • パインハーストリゾート&CC パインハースト No.2(ノースカロライナ州)


あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!