ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 バルスパー選手権
期間:04/29〜05/02 場所:イニスブルックリゾート&GC(コパーヘッド)(フロリダ州)

2021年 バルスパー選手権
期間:04/29〜05/02 場所:イニスブルックリゾート&GC(コパーヘッド)(フロリダ州)

ケビン・キズナーがアームロック式をやめて新パターを採用

ここ数週間にわたり、米PGAツアー3勝のケビン・キズナーがパターのシャフトを腕に固定してストロークする、アームロック式のパッティングを実験していることが盛んに書かれてきた。

キズナーは4月「RBCヘリテージ」で次のように述べていた。

<< 下に続く >>

「このところ、僕はパターがちょっと下手になっていると考えてきた。(パッティングは)僕のゲームで一番の強みでありながら、先週はラインから外れていたんだ。単に、違う見た目で試してみたかったのだけど、それが気に入ったんだ。10フィート(約3m)以内がとても良いと思った。あとはスピード(タッチ)に慣れるだけだった。プロアマでやってみてどうなるか様子見して、その上で試してみようと思う」

さらにこう続けた。

「僕の最大の問題は、これまで通常は8フィート(約2.4m)以内で最高の選手の一人だったのに、今年はそれが決められていないから、グリーンを外した時にラウンドの勢いを持続させることができなくなっていたこと。アイアンショットでピタリとつけながらパットを外すと、ゲーム全体にブレーキをかけていたことなんだ」

この自己評価でショッキングなのは、現在キズナーはツアーにおいて、トータルパッティングで25位、そして10フィート以内のパットで24位にランクイン(編注:大会前時点)している事実だ。この飽くなき向上心は驚き以外の何ものでもない。

ただし、最善を尽くそうとした方策も終わりを迎えたようで、2週後の「バルスパー選手権」でキズナーにとって必要だったのは、パッティング方式の変更ではなく、新しいパターだったようである。

キズナーは練習グリーンで、以前に愛用していたパター(オデッセイ エクソ セブン)に仕様が近く、新たに組まれたパターを使用しているところが目撃されており、シャフトも標準の長さに戻ったことが確認されている。

ケビン・キズナーの新パター仕様
・ オデッセイ 2ボール テン
・ ダブルベンドシャフト
・ 長さ34.25インチ
・ ストロークラボシャフト
・ オデッセイ ホワイトホットインサート
・ スーパーストローク トラクシオン 2.0ツアーグリップ

真剣な試打セッションを行ったキズナーは、「(新パターは)とても安定していて、一貫性がある」と語っている。

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2021年 バルスパー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!