ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

マキロイ、フェデックスカップランキング1位でプレーオフへ

2014/08/11 14:44

By Mike McAllister, PGATOUR.COM

30週連続で首位の座を守っていたジミー・ウォーカーに代わり、フェデックスカップのポイントランキングに新リーダーが現れた。

「全米プロゴルフ選手権」で優勝したロリー・マキロイが600ポイントを獲得し、2013-14シーズンの8週目からランキング1位だったウォーカーを抜いて首位に立った。ウォーカーは「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」後の1週間はウェブ・シンプソンにトップの座を明け渡したものの、同シーズンの最初の6週間も1位だった。

PGAツアーの直近3試合で立て続けに優勝したことで、マキロイの累計ポイントは2,582ポイントに。対するウォーカーは2,493ポイントだ。ウォーカーはバルバラでの今大会を7位タイで終え、86ポイントを獲得した。

先月「全英オープン」で優勝する前のマキロイは、フェデックスカップのポイントランキングで42位だった。しかし「全英」制覇後は11位に急上昇し、さらに次の試合「WGCブリヂストンインビテーショナル」で優勝して3位に浮上。「全英」「WGC」、そして今回の「全米プロゴルフ選手権」の3勝で、1,750ポイントが加算された。

ちなみに今季のPGAツアーで3勝しているのは、現時点でマキロイとウォーカーの2人だけだ。

PGAツアーの今シーズン終了まであと1週間という中、マキロイはランキング首位としてフェデックスカップのプレーオフに臨む予定。マキロイもウォーカーも来週の「ウィンダム選手権」には出場せず、また現在ポイントランキング3位で、マキロイから首位を奪還できる可能性もあるバッバ・ワトソンも参戦しない。プレーオフは2週間後の「ザ・バークレイズ」から始まる。

1年前のマキロイはランキング49位でプレーオフに参戦したが、最終戦である「ツアー選手権byコカ・コーラ」には進めなかった。

2012年は3位でプレーオフに挑み、「ドイツバンク選手権」と「BMW選手権」で優勝。続く「ザ・ツアー選手権」には1位で臨んだが、イーストレイクGCでの同大会を制したのは、ポイントランキング5位のブラント・スネデカーだった。

今回の「全米プロゴルフ選手権」で優勝し、フェデックスカップのランキング1位に返り咲いたマキロイ。首位の座についたのは、2012年に「BMW選手権」で優勝して以来のことだ。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。