ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

イーグル締めのミケルソン、優勝争いに期待

By Helen Ross, PGATOUR.COM

今シーズンはいまいちノリ切れないことの多かったフィル・ミケルソン

すでに8月で、自身17戦目となるPGAツアー「全米プロゴルフ選手権」を迎えているが、今季はまだトップ10入りを果たせていない。PGA通算42勝を誇り、世界ゴルフの殿堂入りも果たしているミケルソンにとっては、いつもと様相の違うシーズンだ。

とはいうものの、今週のミケルソンはバルハラGCで明らかに“爆発”している。

第96回「全米プロゴルフ選手権」の折り返し地点となる2日目、ミケルソンは「67」をマークして7位タイに浮上した。首位のロリー・マキロイとは3打差の通算6アンダーにつけ、再び栄冠をつかむ腹積もりでいる。

「よかったよ。優勝を狙える好位置に戻ってこれて。自分のプレーができているとも感じているし、課題を見つけようと思いながらコースに出てこなくなったこともね」と、ミケルソン。「それは結構、難しいことなんだ」。

「今はコースに出るときに、自分が何をしようとしているのか把握できている気がする。手ごたえをつかみ、かなり自信を持ってラウンドを始めているんだ。だから、初日も2日目も、いい結果を残すことができたね」。

つねに楽観主義のミケルソンは自分の調子について、シーズンを通し、5度目のメジャー大会優勝、そしてキャリアグランドスラムの3大会目となった昨年の「全英オープン」の状態に近いと言い続けてきた。

だが4ラウンドとも好調ということはなく、ここ数週間はロースコアが出ないと困惑することも増えていた。

「自分のゲーム展開は己の心に従って導き出されるもので、その逆はないと、僕は常に思っている」と言ったのは、PGAツアーで5度の優勝を手にし、ゴルフチャンネルの解説者でもあるノタ・ビゲイだ。

「フィルは、自分の精神を立て直し続けながらツアーで戦いを重ねるプレーヤーとして、素晴らしい見本になると思う。ここ2、3ヶ月の間自分に言い聞かせてきたことがうまく運んだ時は、いよいよ本領発揮さ」。

今大会初日は序盤8ホールの時点で2オーバーと、やや出遅れていた。今週28ホール目(編注:第2日10ホール目)を終えた時点でも通算2アンダーまで戻したもののまだまだ目立たない存在。メジャー大会で5度の優勝を経験しているミケルソンは、最終18番ではイーグルを奪うなど、尻上がりの調子でスコアを伸ばしてきた。

「力の限り戦った。文句なしのスタートではなかったが、ただ耐え抜いたんだ」と言うミケルソン。「中盤でちょっと風向きが変わった。(この日だけで)4アンダーとし、いいポジションで決勝ラウンドに進めるよ」

「ロリーは間違いなく見事なプレーをしている。4、5、6、7アンダーパーの選手もたくさんいる。この中の誰かがすごいことになるんだろうね。僕にもそうなる可能性はあると思うよ」。

そんな彼の最終18番での2メートル半のイーグルパットは、起爆剤になるかもしれない。

「ミケルソンがそういった好プレーを見せると、僕らは心の中で“もしかしたら、あともう1回”と思うんだ」と、ゴルフチャンネルの解説者フランク・ノビロは言う。

「最高のフィニッシュだね」と、ミケルソンもうなずく。「最低でもバーディを獲りたかったし、(首位から)4打差以内に入るために5アンダーにはしたかった。最後のイーグルはボーナスだったね。長い一日の締めくくりとして、本当にいいフィニッシュだった」

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。