ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

ビジェイ・シン 復調の兆しは新ドライバーから

ビジェイ・シンはPGAツアーで34勝、欧州ツアーで8勝、その他のツアーで16勝を記録している大ベテランだ。

既に世界ゴルフ殿堂入りも果たしているが、2008年を最後に優勝から遠ざかっている。昨年50歳の誕生日を迎えてからは、トップ10入りもままらない日々が続いていると言っていいだろう。

2013-14シーズンは初戦の「フライズドットコムオープン」こそ2位フィニッシュしたが、それ以降出場した大会では20位の壁を破れずにいる。しかし、悪い流れも今週の「全米プロゴルフ選手権」を境に変わるかもしれない。フィジー出身のシンは、2日目を終えて通算3アンダーとまずまずの位置につけている。

復調のきっかけとなったのは、新たなドライバー。過去「全米プロ」を2勝しているシンは、28ホール中23ホールでティショットをフェアウェイに運び、ティショットの平均距離も283.5ヤードを記録する堅調なプレーを続けている。

「スイングがだいぶ良くなった。自由度が増したよ。週末に何かを起こしたいと思っているよ」と、シンは語る。

今週から使い始め、違いを生み出したドライバーは、テーラーメイドの「ロケットボールズ ステージ2」。

シンは「ドライバーは自分にとって非常に大事だ。以前と同じようなティショットが打てれば、ゲームを組み立てやすくなる」と話す。

最終的にステージ2の使用を決める前には、他の4本のドライバーも試してみたという。

「シーズンを通してドライバーの感触がつかめなくて苦しんでいた。でも、この新ドライバーからは熱いものが感じられるね。300ヤード以上飛ばせるし、以前よりも真っ直ぐ飛ぶ。だから楽にプレーできているよ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。