ニュース

米国男子トラベラーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 トラベラーズ選手権
期間:06/19〜06/22 TPCリバーハイランズ(コネチカット州)

浮き沈みを乗り越え、復調しつつあるN.ワトニー

By Brian Wacker, PGATOUR.COM

ニック・ワトニーが5年間で4度優勝し、ゴルフ界の若手ホープの1人といわれていたのはそう遠い昔ではない。

だが人生にはいろいろと起こるものだ。

昨年はコーチ陣を変えた。3ヶ月前には妻との間に初めての子供が誕生した。そして今年3月の「WGCキャデラック選手権」では腰痛のため、最終日直前での棄権を余儀なくされた。

そして迎えた今回の「トラベラーズ選手権」3日目、ワトニーはこれまでの頑張りが報われるような兆しを見せた。この日は「65」をマークして通算9アンダーとし、優勝も視野に入れた状態で最終日を迎える。

「いろいろなことが一度にやってきた感じだ」と語るワトニー。「ショットがとても良いのは確かだけど、すべてを繋ぎ合わせようとしているだけさ。これが快進撃の始まりになるといいね」。

実は今大会を迎えるまでは、不調だったワトニー。

今季16試合で25位内に入ったのは1度だけ。直近5試合のうち4つで予選落ちを喫した状態で、TPCリバーハイランズでの今大会に臨んだのだ。

彼は新コーチのトッド・アンダーソンのもとで、フェードを習い始めてミスを一方向に限定できるようになり、それが復調の一因を担っている。そしてパットの際には、以前よりもイメージを大切にしている。

今大会3日目は25パットとしたワトニー。この日だけで7バーディを奪取し、うち4つはバック9の中盤で続けて取った。

「ここに来るまではいろいろあったね」と、ワトニー。「一難去ってまた一難、って感じさ。すべてが悪いわけではないけれど、自分が望んでいたような1年じゃない。でもまだ時間は残されていると思うんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 トラベラーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。