ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

最終日も首位を守ったカイマーが史上初の快挙を達成

2014/06/16 12:49

By Sean Martin, PGATOUR.COM

最終18番ホールで約3メートルのパーパットを沈めた時、マーティン・カイマーから笑顔がこぼれた。パインハーストNo.2で開催された「全米オープン」という大舞台で、カイマーは初日から最終日まで首位を守るという、誰もが夢見る形でメジャー2勝目をあげた。

最終日に「69」の1アンダーとしたカイマーは、2位と8打差のトータル「271」の通算9アンダー(65-65-72-69)で優勝。エリック・コンプトンリッキー・ファウラーは通算1アンダーで2位タイだった。

<< 下に続く >>

カイマーは、1999年に同コースで「全米オープン」優勝を達成したペイン・スチュワートを彷彿させるパーパットで大会を締めた。18番ではフェアウェイ右のウェイストエリアに打ち込んでしまい、難しいライとなったが、ウェッジでカップまで約3メートルに寄せ、パーでフィニッシュ。

カイマーは序盤戦から大会をリードし、初日を終えて2位と3打差、2日目には6打差、そして54ホールを終えた時点で5打差とした。優勝した今年の「ザ・プレーヤーズ選手権」でも、同様に初日から最終日まで首位をキープし、他を圧倒してみせた。

カイマーは、「ミスが少なかったからね。2日目までは非常に良いプレーが出来たし、そのおかげでアドバンテージを得られた。首位を守ることがチャレンジだった。自分自身に『冷静にプレーしろ』と言い聞かせて、それで試練に打ち克てたと思う」と、大会を振り返った。

カイマーは、同年に「ザ・プレーヤーズ選手権」と「全米オープン」を優勝するという史上初の快挙を達成。29歳のカイマーは2010年の「全米プロゴルフ選手権」で初のメジャータイトルを獲得した。

カイマーは最終日をファウラー、コンプトンと5打差でスタート。2位タイで終了した両選手は、ともに「72」でホールアウトした。

最終日に同組で回ったファウラーもカイマーには脱帽した様子で、「彼は、自分自身のトーナメントを戦っていたようなもの」とコメント。

今大会のトップ4に入った選手には、来年の「マスターズ」出場権が与えられる。コンプトンにとっては、キャリア初となるオーガスタナショナルへの招待状が届くことになった。

コンプトンは、「本当に特別な瞬間になる」と、「マスターズ」出場確定を喜んだ。

カイマー以外に「ザ・プレーヤーズ選手権」優勝、「世界ゴルフ選手権シリーズ」優勝、そしてメジャー2勝以上を記録しているのは、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンのみ。カイマーは子供の頃に憧れたベルンハルト・ランガーに並ぶメジャー2勝目を勝ち取った。

2011年の2月28日から4月24日までの8週間、カイマーは世界ランキング1位に立っていた。だが、その後スイング改造を試みてからスランプを経験。今年5月の「ザ・プレーヤーズ選手権」優勝は、2011年の11月に優勝した「WGC HSBCチャンピオンズ」以来初となる、フルフィールド大会での勝利となった。

カイマーは、辛かった時期を踏まえ、現在の心境をこう語る。

「うぬぼれているわけでもないし、傲慢な気持ちなわけでもないけれど、必ず復活できると思っていた。ここまで長くかかるとは思っていなかったけれどね。今は、以前よりも完成されたプレーヤーになれたと感じているよ」。

彼は、それを「全米オープン」という大舞台でやってのけた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!