ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

メジャー大会でキャリア最高の成績を収めたR.ファウラー

2014/06/16 12:31

By Sean Martin, PGATOUR.COM

パインハーストNo.2コースでの「全米オープン」最終日、メジャー大会では初めての最終組でプレーしたリッキー・ファウラーには、マーティン・カイマーに追いつくという大きな課題があった。カイマーから5打差で最終日に臨んだファウラーは、4番ホールでダブルボギーを叩き、逆転勝利のチャンスは絶望的に。だがそこから粘り、メジャー大会でキャリア最高の成績を収めた。

ファウラーはそこからの14ホールでイーブンパーとし、最終日を「72」でホールアウト。エリック・コンプトンと共に2位タイで終えた。

<< 下に続く >>

「マーティンのプレーは素晴らしかったから、彼に追いつくのは大変だと思ってたよ」と振り返るファウラー。「フロント9で2、3アンダーとすれば、少なくともマーティンにプレッシャーを与えると思ったんだ。でも4番で早くもダブルボギーを叩いたことで終わったようなものだね。それからの僕はあっと言う間に不利な状況に陥り、持ち直しては後退して・・・を続けていたんだ」。

ファウラーはこの日、パー4の4番でグリーンに乗せるのに5打を要し、約6メートルとカーブしたパットを決めてダブルボギー。ウェイストエリアからの第2打はOBのフェンスを飛び出し、グリーンから40ヤード弱のところで止まった。ファウラーのボールは木の後ろにあったため、パンチショットでグリーンをオーバーさせた。チップショットに失敗したものの、その次のパットを成功させた。その後のラウンドでは計3バーディ、3ボギーとしている。

そんなファウラー、今年の「マスターズ」では5位タイに入っていた。

「オーガスタでの今年の大会は、ゴルフコースで一番心地良さを感じた時だった。優勝争いに加わり、なんとか粘って、決勝ラウンドではいいプレーができた」とファウラー。「それはパインハーストでの今大会も同じ。ロープの内側に入ってプレーした時、『全米オープン』って感じがしなかった。それほどしっくりきていたんだ。メジャー大会でも落ち着くのはいいものだね」

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!