ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

カイマーが苦しみながらも首位を堅持

マーティン・カイマーは、最終18番ホールで何とかバーディを奪い、2位と5打差で首位をキープ。パインハーストNo.2での3日目は苦しいラウンドとなり、「72」の2オーバーでホールアウトした。

初日から首位を守るカイマーは、トータル「202(65-65-72)」の通算8アンダー。この日の最少スコアである「67」の3アンダーを記録したリッキー・ファウラーエリック・コンプトンが2位タイに浮上している。

カイマーが2日目までにティショットをフェアウェイに運べなかったのは僅かに3ホール。土曜日は13ホール中9ホールでティショットをフェアウェイに置いた。また、18ホール中10ホールでパーオンを記録。最終ホールではアプローチをホールまで約2.5メートルのところに寄せ、バーディパットをねじ込むと、拳を握りしめた。

「まずまずのラウンドだった。これまでの2日ほど良くはなかったけれど、なんとか耐えられた。USGAが設定したピンの位置は、本当に難しいものだった」と、カイマーは3日目を振り返った。

4番ではドライバーショットを松葉の上に打ち込んでしまい、ペナルティのドロップを必要とした。それでも距離のあるボギーパットを沈めてダメージを最小限にすると、続くパー5の5番では、ウェイストエリアの近くからの第2打(202ヤード)をホール近くまで寄せ、イーグルを奪取しリカバリー。この時点で2位と7打差としていたが、残りの13ホールで2オーバー。5番ホール以降でスコアを伸ばしたのは、最終18番のみだった。

初日から首位を守るカイマーは、史上初となる、「ザ・プレーヤーズ選手権」と「全米オープン」を同年に優勝するという快挙を狙える位置につけている。2010年に「全米プロゴルフ選手権」を制して初のメジャー優勝を果たしたカイマーがPGAツアー大会の3日目までを終えて首位に立つのは、今回が2度目。「ザ・プレーヤーズ選手権」では、3日目を終えた時点でジョーダン・スピースと首位で並び、最終日に「71」を記録し、1打差で優勝した。

2日連続して「65」としたカイマーは、3日目を2位と6打差でスタート。36ホールを終えた時点でトータル「130」という大会新記録を樹立した。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。