ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

ゴルフ場所属の地元キャディは、ローズを2年連続優勝へと導くことができるだろうか?

2014/06/12 07:31

By Brian Wacker, PGATOUR.COM Follow @pgatour_brianw

ノースカロライナ州パインハースト - 最近パインハーストでのプレー時にゴルフカートを必要とする81歳のウィリー・リー・マクレーだが、今年の全米オープンにて重要な人物となるかも知れない。

ディフェンディング・チャンピオンであるジャスティン・ローズはパインハーストNo. 2コースを下見に訪れた際、ドナルド・ロスの代表作であるこのコースのキャディ歴70年であるマクレーを招待した。

<< 下に続く >>

「彼は今回のパインハースト体験の一部だよ」とローズは言う。「ここの人は彼を尊敬している。だからウィリーと一緒にコースに出られたことは僕にとって特別な事なんだ」。

ローズは昨年メリオンでも地元キャディを帯同させた。そしてメジャー大会初優勝を成し遂げた。今度は25年前のカーティス・ストレンジ以来である全米オープン2年連続優勝を狙う。

「彼のこのゴルフコースの知識は本当にすごいよ」とローズは言う。「カップから2メートル前後のラインは誰でも読める。だけどウィリーのすごいところは、例えば僕がグリーン手前に外してカップまで残り約10メートルの所にボールがあるとすると、彼は『OK、ボールをカップの右2ヤードの所に落として。そうすればボールは落ちてから左に、右に、そしてまた左に転がる』と言う。実際にそこを狙って打つとボールは落ちてから左、右、左へと転がるんだ」。

「彼の長い距離のショットを読む能力とグリーン・アンジュレーションの知識は本当に助けになるよ」。

モデルチェンジしたこのパインハーストでさえマクレーにとっては難しくは無いだろう。何せ彼はこのゴルフコースに長い間キャディとして携わっているのだから。

近隣の町であるノースカロライナ州テーラータウンにて12人兄弟の3男として生まれたマクレーは1943年5月19日、彼の10歳の誕生日にここで働き始め、今日まで至る。

彼は過去に歴代大統領(ジェラルド・フォード、リチャード・ニクソン、ドワイト・D・アイゼンハワー)や、数々のゴルフ・レジェンド(ベン・ホーガン、ジーン・サラゼン、ロス)から現代のスポーツアスリート達(マイケル・ジョーダン、ボー・ジャクソン、チャールズ・バークレー)のキャディを務めた。

しかしローズはマクレーだけに頼っているわけではない。パッティング・コーチであるデビッド・オアもまた地元住民である。

従来ローズのウィークポイントであるショートゲームとパッティングはパインハーストでは最重要項目であり、オアはその弱点を克服する手助けとなるだろう。

「2年前はパットで苦しんでいたけど、今では自然体でパッティングできているよ」とローズは言う。「パットは自然体で挑まなければならないものであり、自然体で挑むとプレッシャーも吸収でき、技術的なことも難なくこなせるようになるんだ」。

勿論地元の知識を多少吸収することも助けとなるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!