ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

ここはバンカー? 競技委員に聞きましょう

2014/06/12 09:43

2014年の「全米オープン」は12日(木)に開幕。開催コースとなるノースカロライナ州のパインハーストNo.2は今年、ラフがフェアウェイ並に刈り揃えられ、同大会としては異色のセッティングが施された。左右に曲げたボールは両サイドの荒地、雑草やワイヤーグラスが生えるウェイストエリアまで転がる可能性が一気に増大。これにより、ライがバンカーなのか、ただの荒地なのか、つまりソールして良いのか悪いのか、という疑問がその都度生じる可能性が出ている。

全米ゴルフ協会(USGA)のエグゼクティブディレクター、マイク・デービス氏は11日(水)、これについて「問題は無いと考えている」とコメント。バンカーに向かったボールはほとんど底に落ちるか、ウェイストエリアに残り、判断が微妙な境目で止まることは「99%はないだろう」という見解を示した

<< 下に続く >>

しかし、バンカーでソールした場合には当然ペナルティが付くため、迷った場合には各組に帯同する競技委員に判断を仰ぐことを奨励。ルールオフィシャルが判断できないようなケースでは、バンカーとみなすとした。

メジャーでは2010年の「全米プロゴルフ選手権」でダスティン・ジョンソンが、ギャラリーロープ外のバンカーをウェイストエリアと勘違いし、ソールして2罰打を受け、プレーオフ進出を逃す事態が発生。さらに12年の同じ「全米プロ」では、砂地が取り囲むシーサイドコースで、すべてをバンカーとみなさず、明らかなガードバンカーからでもソールをして良いという前代未聞のローカルルールを採用した。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!