ニュース

米国男子HP バイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権
期間:05/15〜05/18 場所:TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

欠場寸前だったデュバルが「66」の好スタート

木曜の朝、デビッド・デュバルは右ひじに痛みを感じ「HP バイロン・ネルソン選手権」の棄権を真剣に考えたという。だが、最終的には出場を決意し、プレーした。

決断が正しかったことは、初日のスコアを見れば明らかだ。

<< 下に続く >>

デュバルはラスト5ホール中4ホールでバーディを記録。その内2ホールはフェアウェイから直接決めたチップインで、「66」の4アンダーでホールアウト。マーク・レイシュマンらとともに、首位と1打差の2位タイで初日を終えた。

「プレーを続けながら状態が良くなったのはラッキーだった。どうしたって100パーセントの状態ではなかったけれど、朝の状態と比べれば1000パーセント良い状態だった」。

首位はピーター・ハンソンが手にしたものの、デュバルにとってはこれ以上ないラウンドになったと言える。なぜなら、PGAツアーの大会で初日を終えて2位に立ったのは12年ぶりだったからだ。

最近は不調が続いていたとはいえ、初日からの好スコアは全く予想外というわけでもない。「チューリッヒクラシック」初日でも「68」と好スタートを切り、25位で終了。昨年11月の「OHLクラシックatマヤコバ」では最終的に75位タイとなったものの、初日に「67」を記録。元世界ランキング1位は、状態の良さを実感していた。

「スイングも良いし、良いショットが打てている。今の状態は良いよ」。

あとは2003年以来初となるコース(TPCフォーシーズンズリゾート)で、4日間の結果を残すだけ。

「今日はティーオフするためにやれることを尽くした結果、上手くいった。明日も同じ状態だと良いね」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!