ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ウェストウッド、今年も優勝争いに参戦

By Brian Wacker, PGATOUR.COM

「ザ・ホンダクラシック」では出場4回のうち、3回で10位内に入っているリー・ウェストウッド

彼は今大会2日目を通算7アンダーの「65」で終えて予選通過し、再び優勝争いに加わった。

「ここでプレーするのは、本当に楽しいよ」と、ウェストウッド。昨年この地に移り住んだ彼にとって、今では“地元”でもある。「キツい部分もある。失敗しても後がないホールがあちこちにあるからね。なんとかもちこたえて、自分のプレーをするしかないんだ」

「自分のプレーを…」の部分は、ウェストウッドが必ずしも出来ていたことではない。昨年の彼がそうだった。

(好成績が出ない)結果に不満を覚えていたウェストウッドは、2013年終盤にコーチのショーン・フォーリーと距離を置くと、今年に入って選手とコーチの関係を解消した。

そして今年1月、状況はついに好転しはじめる。それはPGAナショナルでの2ラウンドをみても明らかだ。

「いくつかのホールでそれが証明できている。例えば(左サイドに池が広がる)6番ティでは左サイドを狙ってフルスイングしつつ、左に行かないと分かっていたから、腰も思い切り左に切ることができた」と、ウェストウッド。「強いフェードボールが出るのは分かっていたからね。そういう時が、調子の上がって来た証拠なんだ」

「復活しつつある、って感じだね。自分が取り組んでいる動きもそうだし、球筋もより鋭くなっている。距離のコントロールもすっかり取り戻した。グリーンの狙った場所に打って、それをしっかりと決める自信があるんだ」

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ザ・ホンダクラシック

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~