ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

「持ってる男」ジミー・ウォーカー、圧倒的な強さで首位を独走

ジミー・ウォーカーは「持ってる」のかもしれない。

フェデックスカップポイントで首位に立つ彼が今大会、3日目終了時点で叩いたボギーは1つだけ。2位以下にはなんと6打差をつけ、「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の最終日に臨む。

今季8戦目にして早くも3勝目が狙える位置にある、絶好調のウォーカー。3日目は雨と風の中「67」で回り、通算13アンダーでホールアウトした。彼がモントレー・ペニンシュラCCでマークした4アンダーは3日目の全コースの中でも最も低いスコアで、自身にとってもキャリア初の快挙だった。

この日は結局、午後5時43分(米太平洋時間、米東部時間の午後8時43分)に今大会2度目となる日没サスペンデッドが決定。これは強風で2時間20分中断があったためで、いくつかのグリーンでは瞬間最大風速15メートル/秒以上の風でボールを置くことができなかったためだ。3ラウンドの続きは日曜日の午前7時30分(米太平洋時間)に行なわれる予定。

今大会でのウォーカーの6打差は、2005年にフィル・ミケルソンが最終ラウンドを迎える時点で2位のグレッグ・オーウェンにつけた7打差に続いて大きい。最終日の日曜日には今季2勝という記録をさらに伸ばすかもしれない。

「天候がどうなるかなんて、誰にもわからないよね」と、ウォーカー。「ペブルビーチが難しいゴルフコースだというのは、僕もわかってる。特に風がね。でもこの地にやって来て、今のポジションにいるのは心躍るものだよ。この位置にいられるようにすることが、モチベーションになっているんだ」。

一方、ティム・ウィルキンソンは「69」、ハンター・メイハンは「72」をマークして2位タイに。リチャード・H・リーが6アンダーの単独4位で、それから1打差の5位タイにはフィル・ミケルソンブレイク・アダムスケビン・ナライアン・パーマーパット・ペレスらが名を連ねている。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~