ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

ソニーオープン初日 ベ・サンムンが首位に立つ

By PGATOUR.COM wire reports

「ソニーオープンinハワイ」初日を終え、韓国のベ・サンムンが首位に、そしてクリス・カークが2位に立った。

現地9日(木)、同組でプレーした両者がトップ2に名を連ねた。ベは「63」で7アンダー、カークは最終ホールでのイーグルを含め、後半9ホールを「29」として「64」でホールアウト。

2014年のフルフィールド初戦、両選手は早めのスタートとなり、素晴らしいコンディションの中で有利にプレーを進めた。

彼らの“ベターボールスコア”(ホールごとで2人の良い方のスコアを合算)は「56」だった。

カークは、「彼(サンムン)は良いスタートを切ったね。彼が4アンダーだった時、自分は2オーバーだったから、後半に立て直せて良かったよ。パットが入ってくれるとリズムに乗っていけるから」とコメント。

「65」で初日を終えたのはブライアン・スチュアードライアン・パーマー。腰痛のために昨シーズンの大半を欠場したレティーフ・グーセンは、プロアマ期間中こそ寝違えた首の痛みに苦しんだが、初日のプレーを見る限り痛みは解消された模様。ハリス・イングリッシュジミー・ウォーカージョン・デーリーは「66」を記録した。

先週カパルアで開催された「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」に出場していない午前組の中で「66」以上のスコアをマークしたのは、デーリーと日本の谷原秀人のみだった。

2週続けて同じハワイ州でPGAツアーの大会が開催されたが、160km離れた2コースの特色は極めて異なる。

カパルアは山の中腹にあるコースで、グリーンの難易度も高く、高低差が激しい。反対にワイアラエはフラットでありながらも、木々が立ち並び、グリーンが小さいという特徴を持っている。

先週の大会にも出場したベは、「先週もまずまずだったと思うけれど、グリーンが難しかった。読みづらくて、右に曲がるのか左に曲がるのかも分からなかった。結果的に多くのパットをミスしてしまったよ。今回のコースは先週よりも短くて、グリーンも読みやすい。だから良いペースでプレーできた」と語った。

ベはオープニングホールの第2打を7番アイアンで1メートル弱につけると、3番では7.6メートルのバーディパットを沈めることに成功。その後は12番までパーオンを続けると、13番ではウェッジのアプローチからパーセーブに持ち込み、次の14番ではこの日7つ目となるバーディを記録。

前半苦しんだカークは、6番でボールが木に引っかかってしまい、ボギーで乗り切るも、この時点で2オーバー。しかし、8番でバーディを奪うとリズムを立て直し、ベと1打差の2位でフィニッシュした。

昨年の「マスターズ」王者アダム・スコットは、プロサーファーのベンジー・ウェザリーをキャディにつけ初日に挑んだ。スコットはラスト2ホールでバーディを奪い「67」。まずまずのスタートとは言えるが、この日のコンディションを考えれば、更に良いスコアを出せていたと本人も認識しているはず。

昨年夏に肘の手術を受けたデーリーは、今大会で完治をアピールしたいところ。5バーディを奪い、初日を「66」で終えた。

昨年の「バイロンネルソン選手権」で優勝を果たしたベは、厳しい寒さが続く韓国を3週間前に発ち、12月20日からハワイに滞在。ビーチでリラックスしながら、「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」に向けて2週間みっちりと調整した。

ワイアラエでは3、4回程度しか練習していないというベだが、以前よりもコースに慣れたと感じているという。

「練習は軽めにして、良い時間を過ごせたよ。ビーチに行ったり、泳いだり、色々と楽しんだ。ここは良いところだね」。

<その他情報>
ショーン・ステファニーはウェイティング1番目となっていたが、出場の保証が無かったためハワイ入りはせず。松山英樹が欠場したことで、ロバート・ストレブに出場権が与えられた。

デーリーは「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」でキッド・ロックとプレーしたいとコメントした。

今シーズンからキャディを変更したグレッグ・チャルマーズは、現在ディーン・エリオットにキャディを担当させている。チャルマーズがペブルビーチに出場するかは未定。エリオットはスティーブン・エイムズ(エイムズは今週欠場)と数年ペアを組んだ人物で、ペブルビーチでアマチュアのキャディも務めた経験を持っている。アマチュアのキャディの方が稼げる場合もあり、エリオットはベアリングポイント元CEOのハリー・ユーのキャディを1年務めた。ユーはフィル・ミケルソンと同組でプレーし、プロアマの部で優勝を果たした。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~