ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/21〜11/24 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

ISPSハンダワールドカップ2日目:ビヨーンが首位で折り返し

ロイヤルメルボルンGCで行われている「ISPS ハンダワールドカップ」は2日目を終えて、デンマークのトーマス・ビヨーンが3アンダー「68」をマークし1打差で首位に立っている。

2日目を終え通算8アンダー「134」のビヨーン。最終18番でアプローチをミスジャッジしてボギーを叩くも、16番で2メートル弱のパットを沈めパーセーブ、17番でもバーディを奪った。

米国のケビン・ストリールマンは「69」でラウンドし、2位につけている。彼とマット・クーチャーの米国チームが、2日目を終えてのチームとして首位に立っている。デンマークが3打差、日本とオーストラリアが7打差で追う展開だ。

個人戦では、2日目「70」をマークしたオーストラリアのジェイソン・デイ、「69」をマークしたポルトガルのリカルド・サントスが3位タイ。「68」のクーチャーは4人が並ぶ5位タイで、ビヨーンを5打差で追いかけている。

ここ2週間で「オーストラリアPGA選手権」と「オーストラリアン・マスターズ」を制したアダム・スコットは「68」でホールアウトし、この日「71」のグレーム・マクドウェルらと並び9打差でビヨーンを追いかけている。

26の国別ペア、8人の個人を含む計60人が出場している今大会では、予選落ちはない。

「自分が試されているな、と思うようなことがきょうはいくつか起こったよ」とビヨーン。「最初に3パットを要して、グリーンがこれまでよりももっと堅くなっていると思ったんだ」。

ビヨーンは初日を「66」でホールアウトし、ストリールマンと並ぶ首位タイで滑り出していた。

「おそらく昨日ほど良い出来ではなかったけれど、それでも粘り強くプレーした」とビヨーン。「バックナインでは良いショットも出るようになったし、良い形で大会後半を迎えられるね」。

今大会、米国代表として初出場のストリールマンは最初の4ホールで連続バーディを奪うも、8番のボギーと、バンカーから“ホームラン”してしまった9番のダブルボギーで3打後退してしまった。

「最初の4ホールでは思い通りだったよ」とストリールマンは振り返った。

「8番と9番ではミスしてしまった。ここロイヤルメルボルンではミスをすると足下を救われる。だからこそ、ここは素晴らしいコースなんだ」。

17番では4フィートのパーパットを沈め、18番でもパーセーブした。

「カップを外れそうで息を飲んだけれど、打った瞬間に入るとは思ったんだ」。ストリールマンは17番のパーセーブを振り返った。

ロイヤルメルボルンでのプレーは今回が初めてのストリールマンは、グリーンの速さに驚いているようだ。

「週末のオーガスタと同じような感覚だ。もっとも、『マスターズ』で予選通過の経験がないから実際のところはわからないんだけど。オーガスタの金曜午後は同じような感じだったよ」。

個人優勝賞金が700万ドル(520万ユーロ)の一方で、チーム優勝賞金はわずか100万ドル(74万4千ユーロ)という新しい大会フォーマットにも関わらず、ストリールマンは米国チームとして優勝を飾りたいと思っている。

米国チームは、前回の2011年中国大会でクーチャーとゲーリー・ウッドランドのペアで優勝している。今大会の個人部門は、ゴルフが正式種目に復帰する2016年リオデジャネイロ五輪で使用されるフォーマットとランキングシステムを反映している。

「チームのスコアを意識しているよ。彼(クーチャー)は間違いなく良いスコアを残すだろうから、僕も同様に良いプレーをし続け、優勝を母国に持ち帰りたいね」。

15番でバーディ、残り3ホールも上手いパーセーブを見せフィニッシュしたデイは、グリーン上でのツキに恵まれなかった。

「3度もカップをなめて外れてしまい、どれも本当に紙一重だったんだけど、1アンダーで終えたことには満足しているよ」とデイ。「ここロイヤルメルボルンのグリーンは本当に硬くて速いんだ」。

首位のビヨーンについて

「ISPSハンダワールドカップ」の2日目を終え、デンマークのビヨーンは「66」「68」のラウンドで首位に立っている。この日はラウンドの最初と最後にボギーを叩いたが、その間に5つのバーディを奪い、米国のストリールマンに1打差をつけている。

ビヨーンはこれまでの国際大会で20度の優勝を誇る。直近の勝利は、2013年欧州ツアー、スイスで行われた「オメガ・ヨーロピアンマスターズ」だ。これまでのベストシーズンは、欧州ツアーで4度の優勝を果たした2011年だ。

米国ツアーでの2日目を終えた時点の最高成績は、2位タイ。

デンマークチームのビヨーンとトービヨン・オルセン(通算1オーバー)は2人で通算7アンダー、チームとしては米国を3打差で追いかける2位だ。本大会においてデンマークは個人・チームいずれも優勝経験はない。チームでは2005年にアンダース・ハンセンソレン・ハンセンのペアで5位になったのが過去最高だ。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。