ニュース

米国男子OHLクラシックatマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 OHLクラシックatマヤコバ
期間:11/14〜11/17 場所:エル・カマレオンGC(メキシコ)

24歳のホープ、イングリッシュがツアー2勝目

By PGATOUR.COM wire services

悪天候が続いた「OHLクラシックatマヤコバ」は、日曜日に29ホールを消化したハリス・イングリッシュが2位以下に4打差をつけ、ツアー2勝目をマークした。

午前中に未消化分だった第3ラウンドを「68」でホールアウトしたイングリッシュは、最終ラウンドで6アンダー「65」の好スコアを記録した。さらに、本来であれば大会3日目となるはずの土曜日の午前中にも、彼はツアー自己ベストとなる「62」で、第2ラウンドをフィニッシュしていた。

<< 下に続く >>

「スイングについて小さなきっかけをつかめた。それが良かったのかな」と、イングリッシュは振り返った。「今週はずっと、いい感じでボールを打てた。最初の2日間は風の影響でドライバーに手を焼いたけど、後半はしっかり対応できたと思います」

ジョージア大学OBのイングリッシュは24歳。若手のホープは通算21アンダー「263」で大会を制した。

「マヤコバでのプレーは初めてでした」と、イングリッシュ。「本当に素晴らしいトーナメントでした。最高の1週間となりました。宿泊したプラヤではビーチで過ごす時間もあったし、ゴルフの内容も良かったからね」

イングリッシュは6月にテネシーで開催された「フェデックス セントジュード クラシック」でツアー初優勝を挙げていた。

「初優勝の時よりも、今週はだいぶ心地よくラウンドできました」と話す。

25歳以下の若さで、PGAツアーで複数回の優勝を成し遂げたのは、イングリッシュとロリー・マキロイのわずか2人しかいない。

2位には最終ラウンドで「67」をマークしたブライアン・スチュアードが入った。

第3ラウンドを終わってトップに立っていたロバート・カールソンは、最終ラウンドで「72」とスコアを伸ばせず、通算15アンダーの6位タイに終わった。

「全体的にロングショットの調子が悪くて」と、44歳のスウェーデン選手は語った。「早かれ遅かれ、いつかは復調するものだけど…だからこの結果にも満足だよ」

通算16アンダーの3位タイには、ジェイソン・ボーン(最終日「68」)、クリス・ストラウド(同「68」)、ロリー・サバティーニ(同「70」)の3選手が入った。ジャスティン・ヒックス(同「67」)、ジャスティン・レナード(同「67」)、チャールズ・ハウエルIII(同「69」)は、カールソンと並んで通算15アンダーで大会を終えた。

水曜から金曜にかけて、4インチ(およそ10cm)以上の降雨に見舞われたコースは、かなりウェットな状態だった。そのため選手たちにはプリファードライの適応が認められた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 OHLクラシックatマヤコバ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!