ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 フライズドットコムオープン
期間:10/10〜10/13 場所:コルデバレーGC(カリフォルニア州)

ラブIII、プレジデンツカップ後に好調な滑り出し

By Sean Martin, PGATOUR.COM

先週行われた「プレジデンツカップ」で起きた度重なる悪天候は、選手たちを揺るがすことはなかった。影響を与えたのは副キャプテンだ。デービス・ラブIIIはシーズン開幕戦の「フライズドットコムオープン」に向け、準備を整えていた。

ラブは、コルデバレーで連日スコア「69」をマークし、揺るぎないスタートを切ると、第2ラウンドを終えて17位タイにつけた。

「少し鈍くなっていたよ。予想はしていたけどね」とラブ。「プレジデンツカップのようなスケジュールならたくさんボールを打つ時間が取れると思っていた。しかし(何度も進行が遅れ)私たち選手にそんな時間はなかった。フレディ(キャプテンのフレッド・カプルス)は練習に私を連れ出したんだ。日曜日、選手たちが最初のパー3ホール、4番でプレーしているのを目にして、私はフレディに聞いたんだ。『私は何をすればいいんだ?』ってね。そしたらフレディは『練習場は開いている。行って楽しもう』ってね」。

「そう、『プレジデンツカップ』の日曜日、ようやく私はボールを打ったんだ」。

米国ツアー20勝のラブは言った。ラブが前回出場した米国ツアー大会は8月の「ウィンダム選手権」。以来、プレーしたのは72ホールにも満たない。そのプレーしたホールには、先週の火曜にミュアフィールド・ビレッジで行われた「プレジデンツカップ」の練習ラウンドで、病気のザック・ジョンソンの代わりにプレーした15ホールも含まれる。

「(ウィンダム選手権の後は)休みが必要だった。手術後に15の大会に出場して、ちょっと無理をしすぎたからね」と、この4月に50歳を迎えるラブは言う。「その時は休みを楽しんでいたし、目立たないようにしていた。でも気持ちは充実しているし、楽しんでいる」。

2013年、ラブは15の米国ツアー大会に出場するも、トップ10入りは1度(「グリーンブライアークラシック」9位タイ)だった。2月8日に脊椎管狭窄症と骨棘(こつきょく)が原因で起こるしびれや、力が入らない症状を緩和させるための手術を受けた後のことだった。復帰戦は、5月の「ザ・プレーヤーズ選手権」。結果、フェデックスカップランキングは162位に終わり、2008年以来初めてプレーオフ進出を逃した。それまでのラブは、米国ツアーの賞金ランキングで27年連続トップ100入りを続けていたが、その記録も途絶えた。

「調子は良いよ」ラブは自身の健康状態について言う。「どこもかしこも、すごく良い感じがする。ここ最近ではベストじゃないかな。思うようなボールが打てるようになってきているんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 フライズドットコムオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!