ニュース

米国男子フェデックス セントジュード クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

フェデックスセントジュードクラシックの大会雑記

フロントナイン:スターリングスの過去3大会を振り返ってみよう。彼は最終日の前半ラウンドで「29」「31」「31」と非の打ちどころのないスコアを連発した。それだけではない。素晴らしいスコアを叩きだした3大会は、コロニアル、ミュイフィールドビレッジ、TPCサウスウィンドで開催された大会であり、どれも難コースで知られている。

偶然のひと言では片付けられないだろう。しかし不幸なことに、スターリングスは今週「も」、バックナインで良からぬ流れを引きずってしまった。今日のバックナインは上がり4ホールでの2ボギーを含む、2オーバーだった。スターリングスの4日間を前後半で分けてみると、前半は12アンダー、後半は2オーバーと極端すぎる結果が浮き彫りとなる。

過去2大会に続き、今週も優勝してもおかしくないゴルフを見せているだけに、スターリングスは後半のスコアに大きな課題を抱えている。

ピーキング:ショーン・ステファニーには、自身の最終日のプレーのビデオで振り返りながら、ポジティブに何かを学んで欲しいものだ。8番、9番、10番と3連続でボギーを叩いた彼は、特に10番のパッティングで、悪いものをすべて吐き出した“ピーク”を迎えたはずだ。パッティングの直後、ボールの行方を気にして頭を動かしてしまうのは、ゴルファーにとって「罠」のようなものだ。最悪な状態(ピーク)の時、イメージ通りのボールを打てることは稀で、一発でカップインすることは、まずないのだから。

ビッグヒッター:TPCサウスウィンドは、ロングヒッターに有利なコースとして評判だ。そして今週もその通りの大会となった。飛ばし屋スターリングスは、ドライバーの平均飛距離313.8ヤードを誇る。そしてトーナメント上位に名を連ねたのは……イングリッシュ、ミケルソン、ライアン・パーマービリー・ホーシェルダスティン・ジョンソン。彼らは皆、腕自慢の飛ばし屋たちだ。

ラリー:大会初日に出遅れたパーマーは、週末のゴルフで何とか挽回しようとラリー(努力)を続け、何とか盛り返した。初日の木曜日、パーマーはスタートの3ホールでいきなり3オーバーと大きく出遅れた。今週は「パー・ダブルボギー・ボギー」の苦しい立ち上がりを迎えた。しかしその後の3日半のラウンドは、わずか2ボギーだけだった。パーマーは木曜の11番と、金曜の17番でボギーを叩いたものの、それ以降、スコアカードが汚れることはなく、最後のボギーから37ホール連続でボギーなしの素晴らしいラリーを続けた。

勝者(ウィナー):どうか昔の私の失言を、ほじくり返さないで欲しい。
今週、私はスターリングスが優勝するだろうと予想を立てた。イングリッシュはシーズン中盤には、おそらくツアー初優勝を遂げるだろうと、予想した。毎度のことながら予想はあくまで予想であって、エンターテインメントの一部と、寛大な気持ちで受け止めて欲しい。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 フェデックス セントジュード クラシック

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!
ユニクロは、2013年マスターズ優勝者のアダム・スコット選手を”グローバル ブランドアンバサダー”として迎え入れました。 アダム・スコット選手がトーナメントで着用しているウェアは、胸ロゴを除いてユニクロ店舗で販売しているウェアと一緒です。 つまり、普段の生活でも使えるものを、トッププロがゴルフで着用できるのがユニクロの良さです。 彼がPGAツアーで着用するウェアをスペシャルサイトにて紹介しています。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。