ニュース

米国男子フェデックス セントジュード クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

イングリッシュが遂に初優勝!

TPCサウスウィンドのバックナインに潜む難関を回避したハリス・イングリッシュが、上がり3ホールで2バーディを奪う盤石のゴルフで、嬉しい米国ツアー初優勝を手にした。

イングリッシュはバックナインでスコット・スターリングスを捉え、17番で17フィートのバーディパットを決めて優勝を大きく引き寄せ、この勝利でフェデックスポイントを500ポイント加算した。ジョージア大学出身のスター選手である彼は、これで自身4度目のトップ10フィニッシュとなった。彼は最終日を「69」の通算12アンダーとし、2位のスターリングスと終盤猛追を見せたミケルソンに2打差をつけて優勝した。

「終盤でハリスは素晴らしいゴルフを見せたよ」と、勝者を称えたのはスターリングス。

15番でダブルボギー叩いた時点で、スターリングスは今週も優勝から遠ざかってしまった。

「それでも自分自身で沢山のチャンスを作れたからね」と、スターリングスはポイジティブに振り返った。

23歳のイングリッシュは4ボギー、2バーディという不安定なフロントナインから、後半は見事なリカバリーを見せた。

「ボールは良く打てていたから、あとはパットだけだと思っていた」と、イングリッシュは最終日を振り返った。

ルーキーのショーン・ステファニーは、優勝したイングリッシュに1打リードの12アンダーで最終日を迎えた。しかし彼は8番から10番にかけて3連続ボギーで優勝争いから転落し、結局スコア「76」の7位タイで大会を終了した。

3日目までほとんど無風のコンディションだったが、最終日はTPCサウスウィンドらしい風に見舞われた。

「風は大歓迎だったよ。そうすればスコアが高く(悪く)なると思ったからね。」と最終日をスコア「67」で回り、通算9アンダーの4位タイに食い込んだライアン・パーマー。「風はトリッキーだったね。少し渦巻いていたし」。

最終日をイーブンパーで回った昨年の覇者ダスティン・ジョンソンは、通算5アンダーで10位タイとした。

ラウンド・オブ・ザ・デー(この日の最も際立った選手)は、最終日6アンダーの「64」で回ったゲーリー・ウッドランドだろう。彼は9試合連続で予選通過を果たしており、今大会は18位タイで終了した。

最終18番で、あわやチップインイーグルというアプローチでギャラリーを沸かせたミケルソンは「67」でホールアウト。最終ホールをバーディで締めくくり、スターリングスと並んで2位タイで大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 フェデックス セントジュード クラシック

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!
ユニクロは、2013年マスターズ優勝者のアダム・スコット選手を”グローバル ブランドアンバサダー”として迎え入れました。 アダム・スコット選手がトーナメントで着用しているウェアは、胸ロゴを除いてユニクロ店舗で販売しているウェアと一緒です。 つまり、普段の生活でも使えるものを、トッププロがゴルフで着用できるのがユニクロの良さです。 彼がPGAツアーで着用するウェアをスペシャルサイトにて紹介しています。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。