ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

マキロイ ナイキ「ヴェイパープロアイアン」を実戦でテスト

By Jonathan Wall, PGATOUR.COM

ロリー・マキロイは、プロに転向後も“あること”をいとわずに行っている。それは、用具の変更だ。
2012年の「全米プロゴルフ選手権」で2位と8打差で圧勝した翌年、マキロイはタイトリストのクラブから、ゴルフ史上に残る巨額の契約を結び、ナイキのセットにスイッチした。

14年に「全英オープン」と「全米プロゴルフ選手権」で優勝した25歳は「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」で、ナイキのヴェイパープロアイアンを使用するなど再び用具変更に着手した。

マキロイが用具を変えるのは、先週の「ライダーカップ」に続いて2週間で2度目だ。先週は大会前にドライバーを「ヴェイパープロ」に変更した。

ヴェイパープロアイアンはナイキが3年ぶりに発表したブレードアイアンで、重心をフェースの中心にするため、トゥ寄りにウェイトを置いている。

1025スティールカーボン製のフォージドアイアンは、オフセットを最小限にし、ロングアイアンの中ではやや長めのブレード(0.5ミリ)を採用。また、芝への寛容性を増やすためにバウンス角を上げた。

重心を移動させるため、開発陣はヘッドのマッスルバック部から約70グラムを取り、トゥ上部に厚みを増すことに成功。ナイキの上級プロダクトデザイナーであるアンドリュー・オールドノー氏によれば、トゥの重量を増やしたことで、フィーリングが良くなり、振動を抑えられたという。

マキロイはアイアンのヘッドを変更したが、シャフトはロイヤル・プレシジョン・プロジェクトX7.0のままで、グリップもナイキ VRプロブレードで使用していたゴルフプライドのニュー・マルチコンパウンドから変えていない。4度のメジャー優勝経験者は、カーヌスティでの「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」初日に新アイアンを使用し「73」と出遅れている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!
「距離測定器を使うと感性が磨かれず、ゴルフが下手になる」と考えているゴルファーがいるが、トップアマの遠山さんは「ゴルフ力アップの強力なアイテムになる」と断言する。遠山さんに「COOLSHOT AS」を使いながら実際にプレーしてもらって使用のコツを聞いた。【今なら!GDOアマチュア選手権限定企画として1日程25名様限定で大会当日に「COOLSHOT AS」を無料貸出キャンペーン実施中!要事前予約】



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。