ニュース

米国男子ロケットモーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

悲劇から15年 亡き両親に捧げるツアー初優勝

◇米国男子◇ロケットモーゲージ・クラシック 最終日(30日)◇デトロイトGC (ミシガン州)◇7340yd(パー72)

36歳でつかんだPGAツアー初優勝を、亡き両親らに捧げた。6打リードの単独首位からスタートしたネイト・ラシェリーが「70」で通算25アンダーとし、後続に6打差をつけてゴールテープを切った。

<< 下に続く >>

アリゾナ大に在学中の2004年。両親は米西部オレゴン州で開催されたゴルフ大会で息子を応援した後、ラシェリーの当時のガールフレンドを乗せて自家用小型飛行機で自宅のある中部ネブラスカ州へ帰る途中、悲劇は起こった。墜落事故により3人は死亡。「長年の間、両親の死は僕を精神的に縛り続けていた」という。

深い悲しみに包まれる中で2005年にプロ転向し、翌06年から米下部ツアーでキャリアをスタートさせた。長く結果を出せないまま月日は過ぎたが、16年に参戦したPGAツアーラテンアメリカで年間3勝を挙げて賞金王に輝き、米ツアー参戦への足掛かりをつかんだ。

ここからサクセスストーリーは加速する。2017年に米下部ツアーで初優勝を飾り、18年に待望のPGAツアーカードを獲得。同年6月にひざの故障によりツアー離脱を強いられたが、公傷制度を適用して復帰した10月の今季開幕戦から14試合目での勝利となった。「本当に夢を見ているようだよ。マスターズへの出場も現実のものになったんだ」と喜びに浸った。

後続にその影すら踏ませず、独走のままホールを進めた最終ラウンド。「両親について考えることは多いんだけど、きょうはラウンドの後半に2、3回は頭をよぎったかな。18番のセカンドを打つ前や、グリーンへ歩みを進めていたときは感情的になっていた」と、キャップを外して歓声に応えながら、胸中では亡き3人への思いを巡らせていた。「両親がいなかったら、僕は今ここに座っていなかったのだから」。すべての色を失った悲劇から15年。今後のラシェリーの人生は、何色に彩られていくのだろう。(ミシガン州デトロイト/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ロケットモーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!