ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

米下部ツアーが「コーン・フェリーツアー」に名称変更 昇格システムは踏襲

2019/06/20 11:20

PGAツアーと米人材コンサルティング大手のコーン・フェリー(本社・カリフォルニア州)は19日(水)、ニューヨーク証券取引所で共同会見を行い、包括的なスポンサー契約の締結を発表した。

契約期間は2028年までの10年間。下部ツアーの名称「ウェブドットコム・ツアー」は、今週開催の「ウィチタオープン」から「コーン・フェリーツアー」に変更となる。また、同社はPGAツアー、PGAチャンピオンズツアー、コーン・フェリーツアーの公式マーケティングパートナーとなり、各ツアーの発展を目指す。

下部ツアーは1990年に始まり、2012年からウェブドットコムツアーの名称で行われてきた。13年からはPGAツアーの出場優先順位を決める予選会(QT)の廃止に伴い、その役割を担うことになった。賞金ランキング上位など50人が翌年のPGAツアー出場権を獲得するシステムは引き継がれる。

PGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン氏は「この30年間で次世代の才能を見いだすことが証明されているツアーに協力し、可能性の発掘を促進させるであろうコーン・フェリーとのパートナーシップに感謝する」とコメントした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。