ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米オープン
期間:06/13〜06/16 ペブルビーチGL(カリフォルニア州)

大会記録は「11打差」逆転 ミケルソン&ウッズは巻き返し誓う

◇メジャー第3戦◇全米オープン 2日目(14日)◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075yd(パー71)

ゲーリー・ウッドランドが通算9アンダーの首位に飛び出して大会を折り返すなか、ベテランはまだあきらめていない。キャリアグランドスラムがかかるフィル・ミケルソンは1アンダー27位タイ、ツアー史上最多タイの通算82勝目(メジャー通算16勝目)を狙うタイガー・ウッズは通算イーブンパーの32位タイで決勝ラウンドに進んだ。

初日1オーバーと出遅れていたミケルソンは6バーディ、4ボギーの「69」と巻き返した。「何度もここでプレーしてきた。アンダーパーの出し方は良く知っている」。今年2月、当地での米ツアー「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」で大会5勝目を挙げた。ビッグレフティにとって、ペブルビーチGLはただのゴルフ場ではない。祖父のアルサントスさんは創業当時、キャディを務めた。最終日は本人の49歳の誕生日でもある。

タイガー・ウッズは「72」と後退した。1アンダー28位タイから前半11番でバーディを先行させた後、パーが連続。上がり2ホールで連続ボギーをたたいた。「全体的に僕はいつもカップの上にいた(下りのパットを残した)。きのうとは違って、ショットで正しいポジションに置くことができなかった。上りのパットをぜんぜん打てていない。バーディを決めた11番だけだよ」とこの日はショット、パットともに精彩を欠いた。

ただ、「全米オープン」の36ホールでの最大差逆転記録は、1975年にロウ・グラハムが最終ラウンドにひっくり返した11打差。ウッズは「まだ争いの中にいる。勝つチャンスがある選手はまだたくさん。先は長い。どういう展開になるか分からない」と希望を捨てていない。(カリフォルニア州ペブルビーチ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。