ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/16〜05/19 場所:ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)

ケプカを10打差で追う松山英樹「少しでも縮めたい」

2019/05/18 10:53


◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 2日目(17日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70)

松山英樹が3バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算2アンダーの10位タイ。当コースで自身初のアンダーパーを出し、17位から浮上したが、首位を独走するブルックス・ケプカとは10打差に開いた。

7打差の首位ケプカを見上げスタートした前半アウト。3番(パー3)で2mのパーパットを沈めると、4番(パー5)では第2打をグリーン奥まで運んで初バーディを奪った。8番(パー3)では第1打を右に出しブッシュエリアに入れるピンチにも「ちょっと、怖さはありましたけど」というアプローチを1.5mに寄せて歓声をさらった。9番で7.5mを決める2つ目のバーディで、順調に折り返した。

トラブルは後半11番だ。目の前にコブがあるフェアウェイバンカーから9Iの第2打。「普通に打って越えるか、厳しいかなという感じ。薄く当たった」というボールは、“ドスッ”という鈍い音とともにアゴ上、土手の上の茂みに埋もれた。懸命に捜すが「見えなかった」。同組のザンダー・シャウフェレとそのキャディに発見してもらい救済を受け、ドロップ後の第3打をレイアップし、2mを決める1パットのナイスボギーを拾った。

506ydで難関12番では、221ydから4Iで5mにつけてバウンスバックしたが、その後は伸ばせなかった。2日目の方がショットの感触は良かったとしながら、「それでもフェアウェイにはいっているので良いのではないか」というキープ率は71.43%、パーオン率も83.33%。予選ラウンドを「悪くない2日間だった。欲を言えばあと1、2個は獲れたという感じ」と振り返った。

難コースで「63」「65」と好スコアを並べ、2位に7打差の前年覇者ケプカには「良いプレーをすれば、これだけのスコアが出るんだなと思う」と感嘆。それでも上位には、ジョーダン・スピースアダム・スコット(オーストラリア)、ダスティン・ジョンソンジャスティン・ローズ(イングランド)、リッキー・ファウラーら実力者がひしめいており、そのひとりに加わった松山も「少しでも縮められるよう頑張りたい」。今大会は最終日に7打差から逆転優勝した例(1978年/ジョン・マハフィー)もある。まずは、3日目のムービングデーで追い上げを図りたい。(ニューヨーク州ファーミングデール/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。