ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 RBCヘリテージ
期間:04/18〜04/21 ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

スロバキア勢の初Vなるか? 南アから国籍登録変更のサバティーニ

◇米国男子◇RBCヘリテージ 3日目(20日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

南アフリカ出身の43歳、ロリー・サバティーニは、昨年12月にスロバキア国籍を取得した。マルチナ夫人と継子が同国出身という縁で市民権を得た。

2011年までに米ツアー通算6勝を挙げたサバティーニは、キャリアで南アフリカ代表として6回の「ワールドカップ」出場を誇る。出身はダーバンだが、祖先はイタリア、スコットランド系で、アマチュアゴルファーとして注目されるようになると米国に飛びアリゾナ大に進学した。ちなみに、依然として南アの国籍を持つほか、米国の市民権、英国のパスポートも所持しているという。

マルチナ夫人のいとこが、スロバキアゴルフ協会の副会長を務めていることからも、発表当時は2020年の東京五輪を見据えたものと一部で報道された。現在の世界ランキング213位は、南アフリカ代表では15番目である一方で、スロバキア国籍ではダントツのトップ(2番目のペトル・バラセクは1979位)。上位60人が出場できる五輪ランキングは50位で、このままいけばオリンピアンになる。

しかしサバティーニは1月に、その見解を否定した。「この決断は五輪でプレーするためではない。ひとつは妻と子どもをサポートするため、もうひとつはスロバキアのゴルフを開放するためだ」とし、同国のゴルフ発展に寄与する考えを示した。

登録国籍の変更で、すでにスロバキア人としての初めてのPGAツアーメンバーになった。首位に1打差の2位タイで最終日を迎える「RBCヘリテージ」で逆転すれば、もちろん同国に初めてツアー優勝をもたらすことになる。(サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 RBCヘリテージ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。