ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

チューイングガムで粘り勝ち ウッズ「いつもお腹が空いて」

◇メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(14日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

「マスターズ」を制したタイガー・ウッズが初日から4日間、チューイングガムを口にしてプレーしていたと米メディアが話題にしている。

米ゴルフダイジェスト誌(電子版)は初日の表情をとらえ、12日に推論記事を掲載した。同じようにガムを噛んでプレーするフィル・ミケルソンが、かつてニューヨークタイムズ紙に「咀嚼(そしゃく)は脳の前頭皮質を刺激する」と話していたことを紹介。極度のプレッシャー下にある選手にとって、ガムによる唾液分泌効果が精神安定剤になっている側面もある、などと同紙に掲載された専門家の意見も引き合いに出していた。

過去にもガムを噛んでいるシーンもないわけではないが、メジャー初戦のマスターズとあって、米メディアはウッズの復活とガム問題で大いに盛り上がった。その真相は優勝後の会見でウッズ本人が明かした。

「落ち着いた感じに見えるのはガムのせいか」と問われ、「(コースでは)いつもお腹が空いていて、食いしばっている。そんなとき(ガムを)たくさん食べ続けている。ガムは私の食欲を少し抑制してくれるし、素晴らしい」と説明。「皆さんが知っているように、私は減量しているところなんだ」と付け加えた。

「腹が減るから」「減量のため」という意外な結末を見たガム論争だが、米ゴルフメディアは「タイガー・ウッズの伝説にガムも加わった」(ゴルフウィーク電子版)などと報道。「あしたからコースでガムを噛む人が増えるかもしれない」と書いたメディアもあった。さて、日本ではどうなるか。くれぐれもマナーだけには気をつけたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。