ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

メジャーで初の逆転劇 生まれ変わったタイガー・ウッズ

◇メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(14日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

タイガー・ウッズがオーガスタで完全復活を遂げた。首位に2打差の11アンダー2位タイから6バーディ、4ボギー「70」で回り、通算13アンダーとして2008年「全米オープン」以来11年ぶりとなるメジャー通算15勝目を手にした。米ツアー通算81勝目を、05年以来となる「マスターズ」制覇で飾った。

その両腕にすべての力がこもった。ウィニングパットとなった30㎝のボギーパットをカップに収めたウッズは、本能のままに吠え、ガッツポーズを繰り返した。「タイガー! タイガー!」。喜びと感動に満ちた声援が、その体を包み込む。「何か叫んでいたんだけど…自分がどうしていたか覚えていない。まずはジョー(キャディ)の姿を探したんだ」と笑った。

首位をとらえたのは、サンデーバックナイン。12番(パー3)で同じ最終組でプレーしたフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が第1打をグリーン手前のクリークに落としてダブルボギーをたたき、通算11アンダーで並んだ。その後はブルックス・ケプカらも争いに加わり、「6、7人くらいに勝つチャンスがあった」という混戦になった。

ウッズは13番、15番と2つのパー5でいずれもバーディを奪って単独トップに抜け出すと、16番(パー3)で第1打をピンそば1mにつけ、6つ目のバーディで逃げ切りを図る。2打差で迎えた18番、「とにかくボギーで上がることを考えた」と安全に3オン2パットとして勝者の証し・グリーンジャケットを羽織った。

1997年、当時21歳で臨んだ「マスターズ」で2位に12打差をつけてメジャー初優勝。2000年までにキャリアグランドスラムを達成、08年「全米オープン」までに14のメジャータイトルを積み上げた。ジャック・ニクラスが86年までに築いたメジャー18勝の歴代最多記録に4勝と迫ったが、ひざの故障のほか、プライベートの問題も表ざたになり一時離脱。復帰後12年から2年間で8勝をマークした後、今度は腰痛が深刻化した。ゴルフはおろか日常生活も不自由なほどで、16年にはついにツアー大会への出場がゼロに。17年4月にキャリアで4回目の手術に踏み切り、同年秋には現役引退の可能性も示唆した。

何度倒れても、周りに何度「終わりだ」と言われても、ウッズは表舞台に帰ってきた。再びカムバックした18年に夏場にかけて調子を上げ、「全英オープン」、「全米プロ」で優勝を争い、9月「ツアー選手権」で5年ぶりに米ツアーを制覇。「僕はまだ戦える、勝てることを証明した」と自信を取り戻して、今年オーガスタに帰ってきた。

「去年はプレーできたことだけで幸運だった。2年前のチャンピオンズディナーには出席するだけで大変だったんだ。この最高の試合を何年もプレーできなかった。それがまた今、チャンピオンになった。初勝利から22年、長かった。現実ではないような経験だ」

これまでの「14勝」はすべて最終日を首位からスタート。逆転でのメジャータイトル獲得は43歳にして初めて知る味だ。新生・ウッズが錆びついていたはずの時計の針を動かした。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。