ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

マスターズ5勝目なるか ウッズのカギ握る『脳内図書館』

◇メジャー第1戦◇マスターズ 事前情報(9日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

大会通算4勝。タイガー・ウッズは22回目の「マスターズ」を再びトップフォームで迎える。オーガスタには7日(日)に早くも姿を見せ、夕方から練習ラウンドを開始。その日は一番遅くまで練習場に居残り、熱心に調整を重ねている。

<< 下に続く >>

2005年大会以来のグリーンジャケット獲得を目指すウッズは、開幕2日前に公式会見に出席した。腰痛などの故障からツアーに戻り、3年ぶりとなった前年の出場は「カムバックへのプロセス」の意義を強調していたが、今年は違う。昨年9月のシーズン最終戦「ツアー選手権」で手にした5年ぶりの優勝を手みやげにオーガスタに凱旋。「イーストレイクで勝ったことで、僕はまだ勝てるということを証明した」。そして「まだまだうまくなって、まだ勝とうとしている」とマスターズ5勝目、メジャー15勝目への意欲は再び高まった。

マスターズで最後に勝ったのは2005年。「僕が初めてここに来たときは、飛距離こそが強みだった。パー5はアイアンで2オンできた。ときにはショートアイアンでもできた」と、ショットで主導権を握った日々を振り返る。いまは経験こそが武器。「年月が経って、さまざまなコンディションにおいて、どうプレーすべきかという知識を蓄積してきた。ここで何度も勝っている選手や攻め方を分かっている選手と一緒に練習ラウンドをしてね」という。「このコースのプレーの仕方に関するちょっとした“図書館”が僕の頭の中にはある」

「このコースの雰囲気は特別なんだ」というのはウッズも同じ。ひとつ例を挙げれば、「ツアー選手権」でのラストシーンは、大ギャラリーがみなスマートフォンを手に写真や動画を撮影していたが、オーガスタは違う。他のツアー競技と異なり、携帯電話の持ち込みが禁じられ、パトロンは拍手と声援を送り続ける。

ウッズは「静かにさえしてくれれば、僕らは写真を撮られようがビデオであろうが気にならない。」と言う一方、「この試合は独特。“純粋”なゴルフがある」と表現した。「ここでは選手がいて、キャディがいて…ロープの中に邪魔なものがない」。次の歓喜の瞬間は、懐かしい景色が広がるはずだ。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!