ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

キャディの大チョンボも何のその “裏開催”のピン位置メモでイーグル→バーディ

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 3日目(23日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7345yd(パー71)

グリーンのどこにピンが切られているかはゴルファーにとって重要な情報、のはずだ。ましてや一打の差が数千万円の稼ぎの違いを生むこともあるプロゴルファーにとっては…。

世界選手権シリーズ「WGCメキシコ選手権」3日目、世界ランキング19位のポール・ケーシー(イングランド)は大会35位でイン10番からスタートした。4ホール目の13番(パー3)で、キャディのジョン・マクラーレン氏にピンまでの距離を聞いた。返ってきた答えに「どうも僕の計算と合わなくてね…」。確認すると、マクラーレン氏はメキシコ選手権ではなく、同時開催(裏開催)されている米ツアー「プエルトリコオープン」のピン位置が記されたシートを持っていたという。

例えば、11番(パー5)のピン位置は手前から11yd、左から5ydのメキシコ選手権に対し、プエルトリコオープンは手前から34yd、左から6ydで、縦の距離はかなり違っていた。

ケーシーはそれでも、11番でピンから3.5mに2オンしイーグルを奪取。12番では残り51ydから40cmにつけてバーディとし、正確なピン位置を把握していなかった3ホールで3つ伸ばした。

ことの顛末は、ケーシーと同組だったリー・ウェストウッド(イングランド)が「ジョンは最初の3ホール、プエルトリコのピンポジションをケーシーに見せていたらしい。ナイス、ジョン」とツイートして発覚した。

ケーシーはインスタグラムで真偽を尋ねられ「本当のことなんだ。ただ、最初の3ホールはピンポジションが重要にならなかった。技術的な問題はなかったし、面白いことだね」とマクラーレン氏を気遣った。

PGAツアーのピン位置は公開されれば、ツイッターで誰でも閲覧できる。マクラーレン氏がプエルトリコオープンのものを持っていた理由は不明だが、勘違いとみられる。ケーシーはその後もバーディを重ねて「65」をマークし、13位に浮上。「きょうは組み合わせにも恵まれた。すごく良いラウンドができた」と上機嫌だった。(メキシコ・メキシコシティ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCメキシコ選手権




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。