ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

終盤の3パットダボで後退 今平周吾「粘りたかった」

2019/02/24 09:30


◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 3日目(23日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7345yd(パー71)
20位タイで出た今平周吾は、終盤16番の1.5mから3パットを喫したダブルボギーを悔やんだ。下りのフックラインを「ちょっと読み過ぎた」。カップを抜け1.5mの返しも外した。「73」と落とし、通算イーブンパーの37位タイに後退した。

直前の15番(パー5)でも、1.5mのバーディチャンスを外した。「ここ(15番)を獲れたら良い感じかなと思っていた。それで、その次にダボがきた。粘っていきたかった」と首を垂れた。

朝からアイアンが引っかかり気味で「ちょっと距離が出た部分はある」と下りのラインを残すことが多く、計33パットを要した。ボギーとした前半6番(パー5)、後半10番を含め3パットは3度。パットは、クセがあるポアナ芝でボールを転がすイメージを保ったが、「狙ったところには、出せていた。下りで持っていかれました」と振り返った。

最終日は、ともにメジャー優勝経験のあるジャスティン・トーマスウェブ・シンプソンと同組になる。現在65位の世界ランキングを浮上させることで、今後の米ツアーや世界選手権(WGC)シリーズの出場権へとつながる可能性がある。「あしたはアンダーで回りたい」と意気込んだ。(メキシコ・メキシコシティ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。