ニュース

米国男子デルテクノロジーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

小平智は米ツアー1年目終了「苦しかった」

2018/09/02 11:23


◇米国男子◇デルテクノロジーズ選手権 2日目(1日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇7342yd(パー71)

5オーバー89位から出た小平智は「72」とスコアを落とし、通算6オーバーの90位で終えた。フェデックスカップランク85位からポイントを上積みできず、プレーオフ3戦目「BMW選手権」(アロニミンクGC・ペンシルベニア州)の出場権を逃した。今年5月から本格参戦した米ツアー初のシーズンを終了させた。

<< 下に続く >>

最終組の一つ前でプレーした小平は、電光掲示板でカットライン・2オーバーを確認した。4オーバーで迎えた後半7番(パー5)は第2打に1Wを握った。攻めの姿勢は報われず、グリーン左バンカーに突っ込んだ。「ちょっと変なところに入ってしまった」とパーに終わった。

次戦の出場権確保に向け、PGAツアーの試算で15位前後に入ることが求められた今大会は、初日の朝に首痛に見舞われた。「練習場で電気が走った感じだった。いつも1週間くらいは治らない」。この日も痛み止めを飲み、完走した。ショットに力強さは戻らなかったが、「パターの感覚がすごく良かったし、ショットも感触は良かった。去年こうやって打っていたよな、とか」。好調だったころの自らの姿を思い返し「最後にすごく良いラウンドができた」と清々しかった。

スポット参戦した4月の「RBCヘリテージ」で優勝した。突如手にしたツアーカードに戸惑いながら渡米した。準備期間はなく、拠点すら決められず、ホテル暮らしを続けた。「自分は新人だから経験あるのみ。コースをまったく知らない」と連戦をいとわなかった。一方、徐々に自身の状態を崩し「クラブが決まらず、スイングも崩れ、自分のゴルフはまったくできなかった」。出場12試合で8度の予選落ちを喫した4カ月間について「苦しかった。このレベルの舞台で勝負にすらならなかった」と吐露した。

この後は日本に一時帰国し、体を休ませる。その間に国内ツアー参戦の可能性もあるが、「ちゃんと調整して戦える状態だったら出るし、そうじゃなかったら出ない」と慎重に判断するつもりだ。

米ツアーの新シーズンは、約1カ月後に幕を開ける。「1年を通して本格的に参戦する。ちゃんとケアをすれば首も治る。本当に悪い状態を経験して、徐々にだけど良かったときに戻れていると思う。絶対にこの経験を無駄にしない。次は自分のゴルフで勝負したい」と力強く誓った。(マサチューセッツ州ノートン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 デルテクノロジーズ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!