ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

難解な午後 ウッズは「71」スタートに納得

◇メジャー第3戦◇全英オープン 初日(19日)◇カーヌスティ(スコットランド)◇7402yd(パー71)

3年ぶりに全英に帰ってきたタイガー・ウッズは3バーディ、3ボギーの「71」で回り、イーブンパーの32位タイで初日を終えた。後半に2つスコアを落とす結果となったが、難しい午後のプレーで自信を深めた様子を見せた。

英国リンクスもカムバックを待っていた。午後3時過ぎ、同組の松山英樹を率いて1番ティに入ってきたウッズを万雷の拍手が包んだ。全英らしいブルーのベストを着込み、いきなり2mを沈めてバーディ発進。4番で第2打を2mにつけて2つ目を決めた。

白いシャツの下の首元からは、黒いテーピングが見えた。スイングへの影響は「少しはあるけど問題ない」と大事には至っていない様子。折り返しの9番では3mのパーパットを沈めて力強いガッツポーズも見せた。

イーブンパーに終わったが、フェアウェイがより硬くなり、グリーン上のボールの転がりもさらに不規則になった午後のラウンドとあって、自身の出来には及第点。2つのパー5(6番、14番)で、第2打をいずれも8Iで放ちながら、パーにとどまったことを反省しながら「スコア以上に良いプレーができた。8Iでのショットがしっかり打てたら、たぶん午後組で最高のラウンドになったんじゃないかな」と手応えを口にした。

「多くの人が気づいていないが、ティショットがディボットにはまることも多くて、フェアウェイがとにかく狭いんだ。とにかく速いしデコボコしている」。松山の10番ホールのプレーにも同情した。「ヒデキは3Wで400yd先のバーンに入ってしまったんだ。それほど速い。僕の6Iでのショットも240yd飛んだりした」という。

首位とは5打差で、2日目は午前にプレー。「あしたもできる限りのスコアを出したい。同じことをやるつもりだ」と静かに意気込んだ。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。