ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

腰は痛いがプレーはできた 32位発進の宮里優作が感じた「天と地」

2018/07/20 05:45


◇メジャー第3戦◇全英オープン 初日(19日)◇カーヌスティ(スコットランド)◇7402yd(パー71)

一時は3アンダーまでスコアを伸ばしながら、結局は「71」のパープレー。それでもまずは無事に完走できたことがうれしかった。約2カ月間、腰痛に苦しんでいる宮里優作は4バーディ、2ボギー1ダブルボギー。32位タイでスタートした。

5月に痛めた腰は、欧州ツアーの連戦で癒やす暇がない。4週連続出場になった前週の「スコットランドオープン」は2日目の朝、練習場でバックスイングすらとることができず、棄権した。今週の事前ラウンドも、各ホールでティショットを打ったのは前日18日(水)が初めて。「きょうも痛かった。我慢できる範囲で」という状態で、出だし1番をボギーとしたが、2番で第2打をピン手前2mにつけてバーディを取り返すと、その後は順調にプレーした。

痛みの影響で1Wショットの飛距離はキャリーで260yd程度というが、ボールをよく転がす硬いフェアウェイがそのハンディキャップを少なくしてくれている。後半3番で右ラフからの2打目を、奥に切られたピンから2mにつけて4つ目のバーディを決めた。

疲れが出始める終盤は「大きいフェードを打つイメージが出ていたが、思いのほか足が止まってしまった」と14番(パー5)で1Wショットを左のOBゾーンに打ち込んでダブルボギー。さらに16番を3パットボギーとし「できればアンダーパーにしたかった。(天候が)良い状況のうちにアドバンテージを取りたかった」と悔しがったが、前週までの状況を考えれば「天と地の差」という。「プレーできることがうれしい」と心の底から笑顔を作れた。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。