ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

欧州王者が大会最少ストローク「63」 息子と待った2時間半

◇メジャー第2戦◇全米オープン 最終日(17日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

トミー・フリートウッド(イングランド)が大会最少ストローク「63」をマークし、23位からクラブハウスリーダーとなった。12組後のブルックス・ケプカに1打差で惜敗したが、通算2オーバーの2位で終えた。

風の弱かった昼からのラウンドを8バーディ、1ボギー。この日回った67選手の平均ストロークは72.17。初日と3日目は75を超える平均ストロークになった難しいリンクスコースで、27歳はこれまで4人が達成した大会記録に並んだ。

最終18番でチャンスを外し、昨年の「全英オープン」でブランデン・グレース(南アフリカ)が出したメジャー最少ストローク記録「62」に並べなかった。「どうせだったら62を出したかったね」とトレードマークの長髪をなびかせ、苦笑いした。

ホールアウト後は約2時間30分、後続の結果を待ち続けた。「息子と一緒に見守る。きょうは生まれて初めての父の日だからね」。欧州ツアー年間王者になった昨年に誕生した長男・フランキーくんを胸に抱き、妻のクレアさんと映像を見守った。

吉報は届かなかったが、「ケプカは世界最高の選手のひとり。悔しさはあるけど、彼がどのようにNo.1になるのかを全部見られて良かったよ」と勝者をたたえた。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。