ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

攻めたい自分と逃げたい自分…落胆の松山英樹「何もできなかった」

2018/06/17 09:12


◇メジャー第2戦◇全米オープン 3日目(16日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

自ら放ったパットのラインに何度も視線を落とした。首位と9打差の26位から出た松山英樹は「79」とし、通算14オーバーの54位に沈んだ。上位との差を詰めたかったが、2度の4パットをするなど停滞。トップとの差は11打に広がった。

快晴に風が吹く。ボールの転がりを不規則にするポアナ芝の混在したグリーンは乾いた。「昨日よりスピードが上がり、対応できなかった」と松山。前半2番(パー3)で4mの最初のバーディチャンスを外すと、首を傾げてラインを見つめた。

アプローチが傾斜を転がり戻った5番(パー5)でボギーを先行。7番でチャンスを外すと、悪い流れはスコアに直結した。グリーン奥から1.5mに寄せた8番。1パット目を外すと、2m以内がカップに蹴られるなど計4パット。トリプルボギーに終わり「ミスパットが1回もなくて4パットするのは初めてだった…」と動揺を残す。続く9番では「頭の中にあって、うまく打てなかった」と3mのバーディパットを外した。

風は強くなり、傾斜の激しいグリーンは硬さを増した。すべてパーオンを逃した13番から3連続ボギーを喫した。16番(パー5)では、再び悪夢。ピン下7mのバーディパットは1mオーバーした。返しを外すと、2mのボギーパットをそらした。「払しょくしようと思っていたけど…」。この日2度目の4パットにギャラリースタンドからため息が漏れた。

原因を「ラインの読み違いやスピードに対応できなかった」とした。「これだけ入らなかったら、ストロークが悪いのかなと思い始めますよね」。

1ラウンドで9オーバーとしたのは、23度目のメジャーで自己ワースト。追い上げを図りながら、ショットも振るわず「厳しいピンに、攻めたいと思っている自分と逃げたい自分がいる。まだちゃんとしたものが出来ていないという感じ」と吐露した。

逆転は絶望的になった。バーディなしに終わった松山は「それはしんどいけど、やりたいゴルフを何もできなかったのが一番悔しいですね」と落胆の色を浮かべた。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。