ニュース

米国女子マイヤーLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マイヤーLPGAクラシック
期間:06/14〜06/17 ブライズフィールドCC(ミシガン州)

横峯さくらは4打差6位で最終日へ 畑岡奈紗が今季2回目のエース

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 3日目(16日)◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6451yd(パー72)

ともに5位からスタートしたリーアン・ペース(南アフリカ)とアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が8バーディ、ボギーなしの「64」をマーク。通算18アンダーの首位タイに浮上し、後続に2打差をつけて最終日を迎える。

通算16アンダーの3位に、首位から一歩後退したユ・ソヨン(韓国)。通算15アンダーの4位でアンジェラ・スタンフォードカロリン・マソン(ドイツ)の2人が続いた。

首位と1打差の2位から出た横峯さくらは3バーディ、1ボギーの「70」にとどまり、通算14アンダーの6位タイに後退した。スタートから11ホール連続でパーを並べ、12番(パー3)で初めてのバーディ。15番をボギーとした直後の16番(パー5)で取り戻し、最終18番をバーディで締めくくった。

47位スタートの畑岡奈紗は、14番(パー3)で決めたホールインワンを含む1イーグル、2バーディ、2ボギーの「70」とし、通算6アンダーの47位で最終日へ。畑岡のホールインワンは、プレーオフで敗れた5月「キングスミル選手権」初日(17番パー3)に続き、今季2回目となる。

野村敏京は通算3アンダーの70位で3日目を終えた。

<上位の成績>
1T/-18/リーアン・ペースアンナ・ノルドクビスト
3/-16/ユ・ソヨン
4T/-15/アンジェラ・スタンフォードカロリン・マソン
6T/-14/横峯さくらソフィア・ポポフ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 マイヤーLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。