ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

メジャー初挑戦の星野&秋吉は惨敗 収穫は山積みの宿題

◇メジャー第2戦◇全米オープン 2日目(15日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

初挑戦のメジャーは高く険しい壁だった。ともに日本の予選会から出場権を得た星野陸也秋吉翔太は下位で予選落ち。星野は通算18オーバー136位、秋吉は通算19オーバー148位に終わった。

星野はホールアウト後、開口一番「コースに完敗しましたね」と清々しかった。9オーバーからの浮上を狙ったが、「ショットは悪い流れで切り替えられなかった」と中盤に痛恨の6連続ボギー。連日の「79」でカットラインから大きく離れ、予選通過はならなかった。

補欠選手から前週に繰り上がり、急きょ出場が決定。慌ただしい参戦になったが、22歳は「本当に出られて良かった。100個くらい学んだことがあった」と満面の笑み。傾斜の強いグリーンや、ひざ上まで伸びたラフへの対応に「ウェッジを3本にしたほうが良いんだなとか思った」との学びも得た。

現在は52度、58度のウェッジ2本を使用するが、難コースを経験し「54度じゃないと止められなかったり、60度じゃないと無理なところもあった。(PGAの選手たちが)3本にする理由がわかりました」。今後も機会があれば米ツアーに挑戦したいと話し、「またリベンジしたいですね」と最後まで充実の表情だった。

一方の秋吉は143位からのスタート。出だしの1番をバーディ発進としたが、その後はボギーを重ねて「77」に終わった。「日本ではある程度できても、こっちでは何もできない。自分の実力不足だった」と悔しがり、「本当にまだまだだと思い知った…」とポツリ。5月の国内ツアー「~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC」で初優勝を挙げた27歳は打ちひしがれた。

難コースに歯が立たなかった反省点として、アイアンショットの精度とアプローチのバリエーションなどを挙げた。7月に控える今季メジャー3戦目「全英オープン」(スコットランド・カーヌスティ)に向けては「ウェッジをもう1本増やした方が良いかなと思う」と話し、現在の2本構成(54度と59度)を見直す考えだ。「そこに向けて担当者とかと話し合っていく」。メジャーの洗礼を今後の課題として受け止め、「次に向けてまたしっかりやっていきたい」と気持ちを新たにした。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。