ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

首位とは9打差 松山英樹「伸ばすしかチャンスない」

2018/06/16 10:20


◇メジャー第2戦◇全米オープン 2日目(15日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

46位タイから出た松山英樹は2バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算5オーバーの26位タイに浮上。4人の出場した日本勢で唯一決勝ラウンドに進出したが、6打だった首位との差は9打にひろがった。

出場156選手の第2ラウンドの平均ストロークは「73.59」。通算アンダーパーは1人。難コースを前に崩れなかったが、伸ばすこともできなかった。松山は「伸ばさないとチャンスはない」と週末を見据えた。

鉛色の雲に覆われたが、前日吹き荒れた強風はおさまった。出だし1番に3パットのボギーを先行させながら、「5番くらいから風も止んでやりやすくなった」。6mのバーディパットを決めた6番でスコアを振り出しに戻した。

流れに乗りたい場面で、難コースは立ちはだかる。グリーン左にこぼした7番(パー3)をボギー。6mのバーディパットをわずかに外した9番では、ポアナ芝のグリーンで険しい表情を浮かべた。後半はパーを並べ、最終18番に唯一のバーディ。下りの4.5mを入れ、歓声に手を上げたが、全体86位の計32パットに「入らなかったですね」と振り返った。

ショットは「悪くはない。良くもない」。14ホールでパーオンをしたが、傾斜の激しく落としどころが極端に少ない砲台グリーンで、ピンにからめる場面は少なかった。コース難度を踏まえ、この日の内容は「フラストレーションはそんなにたまっていない。まあ良かったんじゃないですかね」。

日本人男子初のメジャー初制覇に望みをつなぐための第3ラウンド。36ホール終了時点からの大会最大逆転差は1975年のルー・グラハムの11打だが、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンがトップを快走する厳しい状況。ただ、天候次第でコンディションが大きく変わるのも事実だ。

「9ストロークは大きい差ではあるけど、天候次第では分からない。ただ、崩れないというより伸ばさないと」。まずは晴れ予報のあす。コース攻略に集中し、つけ入る隙を探る。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。