ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

小平智「また来年、絶対戻ってきます」/一問一答

2018/04/09 10:26


◇メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(8日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

初出場の小平智は通算イーブンパーの28位で終えた。最終日は4バーディ、4ボギーの「72」。「来年、絶対戻ってきます」と誓った。以下、一問一答。

―4日間を振り返って
「取りこぼしが多かった。また戻ってきて60台を出したい」

―課題は
「マネジメントや(ショットの)落とし場所を把握してやれたらスコアは変わったと思う。初出場でラウンドしながら(落とし場所などを)探している部分はあった。もったいないところもあったので、また戻ってきてやれれば、もう少し良い成績が出ると思う」

―技術的な手ごたえは
「ベイヒル(3月のアーノルド・パーマー招待)のときから比べると、ショットやアプローチ、パターも変わってきた。ここに合わせてきたので、間に合ってくれてよかった。これが終わると、日本ツアーが始まる。去年悔しい思いをしたので、そのリベンジじゃないけど、日本ツアーで暴れて、ファンの人たちに喜んでもらいたい」

―海外ツアーは吸収するものが多い
「(海外ツアーのコースは)戦略性がすごくあって、ただ長くて難しいだけじゃない。日本はあんまりそういうのはないので。こっちは120ydでもダブルボギーになったり、トリプルボギーになったりする。いろいろ考えさせられるので楽しい。1、2、3月と海外で苦しい思いもしてきた。いろいろ考えさせられて、その3カ月でめちゃくちゃ成長したと思う。こっちでは“ある程度”でゴルフはできない。今度米国に来るときは、突き詰めてやっていきたい」

―日本ツアーでの目標は賞金王戴冠
「去年はあまり興味がないと言っていたんですけど、やっぱり負けて感じるものもあった。獲りたいという気持ちは負けてから出てきた」

―今大会の結果への評価は
「結果だけ見たらよくやったなと思いますけど、内容はもうちょっとできたかなという感じはある。(出来は)7割くらい。初出場なので、よしとします。予選を通って(知人から)『おめでとう』という連絡も結構来ましたけど、自分はそれだけじゃないと思って来た」

―マスターズを目標にする選手が多い
「やっぱりアメリカの試合に出たい。ここは一番出にくい試合なので、リベンジしたいですね。また来年、絶対戻ってきます」

古閑美保夫人も喜んでいた
「美保を連れて来られたのもうれしかったですね」
(ジョージア州オーガスタ)

関連リンク

2018年 マスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~